クリスマスになると見たい!クリスマス名作映画おすすめ


日付: 2017.11.23
カテゴリ:

クリスマスになると、クリスマスを舞台にする映画を見たい!そんな考えを持つ人もいるでしょう。クリスマスにならないと、クリスマス映画を見てもその雰囲気がなくてくだらないです。本物のクリスマスが到着する前に、クリスマス映画を見ることでクリスマスの準備をすることも良いです。

今、クリスマスの時期を狙って出てくる新作映画でもありますが、その評判があまりよくないものでもあるでしょう。その場合、昔の懐かしい名作クリスマス映画を探し出して見ましょう。寒い夜には、外に出かけるより室内で映画を楽しむ方が賢明です

また、クリスマス名作映画と言っても、恋人と一緒にクリスマスで見たい映画とか、家族で見たいクリスマス映画とか、様々なタイプがあります。次は個人的に厳選したクリスマス映画のおすすめですので、クリスマスの定番映画で困る方はこれを参考にしてください。

クリスマスのおすすめの名作映画

クリスマスキャロル (A Christmas Carol)

クリスマスキャロル

イギリスの大文豪ディケンズのすごく有名な同名小説の映画化した作品です。1951年から2009年までは約7作品が作られて、ほんとうに大人気なものですね。ちなみにお勧められたのは1970年のイギリス映画です。守銭奴のスクルージは自分の金銭欲を優先する性格を持ち、周りの人々に嫌われています。結局、あの日、意地悪な彼が亡霊に遭遇してしまい、自分の悲惨な結末を見ました。この映画を見た後、著者のディケンズと原作の小説に興味を持つなら、原作を探して読んでもいいです。

ラブ・アクチュアリー(Love Actually)

ラブ・アクチュアリー

恋人におすすめのクリスマス恋愛映画!ただ二人の恋愛模様ではなくて、ロンドンの19人の恋愛をロマンチックに描いてしまって、愛が触れた映画です!主婦さん、小学生、小説家、首相などのクリスマス時期の生活を描きながら、お互いの「愛」を描く物語です。19人のストーリーはどちらでもハーピーエンディングに向かいますので、見た後は暖かくて幸せな感じばかりです!イギリス映画としては豪華なキャストを持ち、映画を見る途中でお馴染みの俳優に会うかもしれません。

ホームアローン2(Home Alone 2: Lost in New York)

ホームアローン2

クリスマス映画と言うと思い浮かべたヒューマール映画です。今カルキンさんはちょっと残念ですが、昔彼の「ホームアローン」シリーズは大人気で誇っていますよ。「ホームアローン」は1992年のクリスマスの前に公開した映画です。今回は主人公のケビンがニューヨークに豪遊する物語です。前作の愚かな泥棒コンビも登場しますのでとても面白いです。ケビンが自慢の知恵でホテルで宿泊することも見事です。クリスマス時期になると、家族全員が一緒にこれを見ましょう!

東京ゴッドファーザーズ(Tokyo Godfathers)

東京ゴッドファーザーズ

今敏の大作、2003年の日本アニメ映画です。ハナちゃん、家出少女、ギンちゃんがクリスマスの夜にゴミ捨て場でクリスマスプレゼントを探し、結局赤ちゃんを見つけてしまう変なオープニングです。最後三人はその子の実親を探すために冒険し始める物語です。見るだけでそのクリスマスの暖かい雰囲気が感じられて、おかしくておもしろいストーリーです。

大停電の夜に

大停電の夜に

2005年の日本映画です。今回は日本のクリスマスの夜に、東京で起こった大停電をテーマとする映画です。大停電で東京一帯が混乱になり、様々な人の人生はこれで変動してしまいます。一夜限りの物語ですが、東京がクリスマスの灯りから暗闇に沈んでしまうシーンは深いイメージが残ってしまいます。
クリスマスの食べ物と言えば?

映画だけでは足りません!映画を見ている途中にお腹が空いてくるのは大変でしょう。クリスマスの映画を見ながらクリスマスの料理を食べるほうがいいです!食事ではなくても、クリスマスのユニークなお菓子を食べてはどうですか?

  • いごっそう 六一二

    クリスマス映画は名作が多いですね(^^♪

    • DragonCrown

      そうですね。上質なクリスマス映画がいっぱいあり、毎年見ても飽きません~