クリスマスで七面鳥を食べるのはなぜか?


日付: 2017.11.20
カテゴリ:
クリスマスのご馳走と言えば、アメリカでは七面鳥の丸焼きです。しかし、七面鳥を食べることは実際クリスマスの伝統的な習慣とは言えません。ヨーロッパの定番クリスマス料理と言えば、もともと牛肉料理、豚肉料理、美味しい洋菓子がメインで、よく食べられた鳥類もターキー(Turkey)ではなく、ガチョウ(Goose)です。今、ヨーロッパでもクリスマスの際に七面鳥を食べているようになったことは、伝統的な習慣ではなく、アメリカからの影響です。つまり、七面鳥を食べることは、クリスマス自身の宗教的な習慣ではありません。

では、なぜクリスマスになるとアメリカの人たちは七面鳥を食べていますか?今回はクリスマスに七面鳥を食べる習慣の由来について説明します。

七面鳥 クリスマス

クリスマスの時、七面鳥(ターキー)を食べる習慣の由来

アメリカの先住民たちは17世紀の時、ヨーロッパからアメリカに行ったのです。移り住んだ先住民たちは収穫がうまくいかないせいで、飢えて死に至りそうになった際、アメリカのインディアンたちに助けられました。インディアンたちは七面鳥などの食べ物を移住者たちに食べさせました。

翌年、大収穫した移住者たちは、恩人であるインディアンたちを感謝して、そして収穫をお祝いするために、感謝祭を行いました。そして、七面鳥も感謝祭の象徴として、お祝い日の定番料理になりました。つまり、単なるクリスマスの間に七面鳥の丸焼きを食べることではなく、結婚式や感謝祭などの行事になるとも七面鳥を食べるようになりました。

その後、七面鳥を食べる習慣は感謝の意味を含めるため、アメリカから、ヨーロッパの多くの国まで広げて、今、クリスマスのディナーに七面鳥を食べる風習は、世界中のクリスマスをお祝いする国に伝わったとも言えます。

クリスマス 七面鳥 由来

日本でなぜ七面鳥の代わりにチキンを食べるか?

アメリカからの影響で、クリスマスになると七面鳥(ターキー)を食べることを思い浮かべますが、実際日本ではクリスマスの七面鳥料理を食べる人が少ないです。一般的にはクリスマス限定の特製ケーキやフライドチキンを食べます。クリスマス定番と言われる料理ですから、皆様は強いイメージを持ちます。ても、それは本当に食べたことがあることとは関係ありません。

では、なぜ日本では七面鳥の丸焼きではなく、フライドチキンやクリスマスケーキを食べるようになりますか?

七面鳥と言えば、アメリカでは手に入りやすいものですが、日本では簡単に手に入れるものではありません。日本の一般家庭では七面鳥の焼き方がわからない、七面鳥を焼くための料理器具もないから、七面鳥を買って自分で七面鳥の料理を作ることも困難です。

クリスマスになると、せっかくスーパーで売っている七面鳥でもあるかもしれませんが、チキンより2~3倍の高価物ですので、やはりどこでも簡単に見つけられるチキンを食べるほうがいいです。

実は、クリスマスケーキが日本人に好まれるのも同じ原因です。ヨーロッパのクリスマス定番料理と言っても、今は日本でもクリスマスケーキのように手軽に入手できるものではありません。そして、外国の料理ですから、格好も味も日本のイチゴケーキのイメージと異なり、手に入れても日本人が口に合わない可能性があります。クリスマスになると、美味しいクリスマス料理を選ぶ人ほうが多いです。

クリスマス 七面鳥 なぜ

日本で七面鳥を食べたいならどうすればいい?

クリスマス時間ではなければ、近くのスーパーで購入することがほぼ不可能です。一般的には、通販で七面鳥を購入します。七面鳥の価格は重さや調理により違います。クリスマスパーティー用の調理済みローストターキーは20人用のものですから、2万円以上が必要です。6~8人用の調理済み小型ターキーならば1万円から2万円です。ただローストターキーを作ってみたい方ならば、1万円以下の未調理ターキー丸でもいいですよ。