人材採用:発展途上国がWeb開発者アウトソーシングの最適な外注先である理由


日付: 2020.02.11
カテゴリ:

どの会社でも、最も才能があり経験豊富な人だけを確実に、従業員として採用することに関心があります。それで、企業は都市、国、または世界中で多くの専門家を探しているのです。残念ながら、貴重な専門家を見つけたとしても、彼の仕事の報酬を支払う余裕が必ずしもあるわけではないです。その場合、より予算のある競合他社がその優秀な専門家を採用することで市場での地位を強化し、御社の市場での地位を悪化させる可能性もあります。手頃な給与要件と優れたスキルセットを備えた才能のある従業員をどうやって見つければいいですか?やる気と目的があり、遠隔地からでもうまく仕事ができる人をどこで採用することができるのでしょうか?このような質問はリモートで採用することで費用を抑えたい場合に、ゼロからトレーニングする必要のない経験豊富な開発者を探しているIT企業からよく尋ねられています。このトピックについてさらに詳しく考えてみましょう。

Web開発 人材採用

 

Web開発アウトソーシングとその実施方法とは

 

Web開発アウトソーシングは、リモートチームまたは一人の専門家を社外で採用し、彼らにメインチームのタスク、セカンダリタスク、または別のプロジェクトの作業を任せるという、世界的に行われていることです。そうしたら、会社はオフィス勤務の人材発掘や新規採用の負担の必要がなく、お金も節約できます。このようなアウトソーシングは、世界中で開発者を探しているIT企業の中で最も一般的になっています。このようなモデルはあらゆるレベルの知識、スキルセット、および給与レベルの要件に対しても、スタッフを採用できる無限の可能性があります。企業は短期間で、特定のタスクを処理するために理想的なチームを、または緊急の問題を迅速に解決するために適切な知識のある数人の専門家を採用できます。プログラミング言語は普遍的であり、遠く離れた場所にいてもこの分野の専門家との相互作用のスキームは、長年にわたって洗練されたものです。さらに、このようなコミュニケーションをより速く簡単に実行するための多くの便利なアプリがあります。

 

才能のあるWeb開発者を採用する場所

 

Web開発者を採用できる場所は、チームまたは人に求める技能によります。ある企業は、長年の経験のあり、複雑な問題を解決する能力を備えた最高のWeb開発プロ専門家に大金を支払う用意があります。他の企業は、経験が浅くても、割り当てられたタスクを実行できる能力と特定のスキルセットを持っている人を探しています。追加の要件として考えられるのは、所在地、言語能力、またはタイムゾーンなどです。その専門家に最も重要なのは何であるのかを考え自分のサーチパラメーターを定義すれば、才能のある人をどこでも見つけることができます。もちろん、サービスがはるかに安いので開発者を見つけるのに収益性の高く、他の国よりも著しく際立っている国もあります。ただし、価格と品質とのバランスを忘れずに慎重に選択してください。Web開発人材を見つけることができるいくつかの方法を以下に紹介します。

 

  • Diceのような求人掲示板
  • UpworkやPeople Per Hourなどのフリーランスのマーケットプレイス
  • Working Nomadsのようなリスト
  • GitHubやStack Overflowなどのプロフェッショナルコミュニティ

 

ウクライナのWeb開発者とその主な特徴

 

ウクライナは、アウトソーシングチームを構築するのに最適な国の1つになっています。他の国にはない多くの利点と特徴がありますのでIT分野の成長は信じられないほど早いです。 ウクライナには1000を超えるアプリケーション開発企業、世界的に有名な新興企業があるだけでなく、品質の標準が高く、開発の価格が安いです。ウクライナの多くの企業は、フルサイクルのソフトウェア開発やほとんどのタスクが処理できる経験豊富な専門家の既成のチームをクライアントに提供できます。主なプログラミング言語はJava、Javascript、C#、PHP、Python、C++やSwiftです。ウクライナのタイムゾーンは、ほとんどの国にとって便利で、EU諸国や日本からはビザなしで入国できます。多くの開発者は中級または高級の英語能力があり、IT専門家は主にキエフ、ハリコフ、リヴィウ、ドニプロ、オデッサなどの都市に集中しています。ですから、ウクライナのWebオフショア開発を前向きに検討し、完璧なチームを構築できます。

 

最も近隣の競争相手

 

インド、ロシア、ベラルーシ、南アメリカ、アフリカにも同じようなポテンシャルがあります。ウクライナは少なくとも1つのパラメーターでそれらの国を凌駕します。 例えば、インドの開発者のコストは、ウクライナの同様の開発者のコストよりも低いこともありますが、最終的な仕事の成果物の品質は大幅に異なります。また、上記の国の潜在的なパートナー国との時差は、作業の成功とコミュニケーションの質に影響を与える可能性があります。ウクライナはヨーロッパの最大のIT振興国であり、技術教育を受けている人は他のヨーロッパ諸国よりも多く、大学はIT企業志望の新しい若い専門家を毎年数万人輩出し続けています。

 

結論

 

全世界をカバーする規模の場合、IT労働市場で人材を探すことは簡単なことではありません。特に発展途上国だと考えられる選択肢や提案は信じられないほど多くあります。そのため、選択基準、タスク、およびアウトソーシングチームの採用に最適な国を明確に定義するのが重要です。選ぶときに、スペシャリストのコスト、国の人口、外国企業の支店数、スタートアップの成功例、オフィス賃料、時差などを考えてください。上記の情報を活かして、経験豊富な専門家を探し、有利な条件でビジネスを新しいレベルに引き上げ、社内チームと責任を共有できるチームを構築するための優先国を簡単に特定できます。

Web開発 人材採用