Youtubeの動画再生が遅くてカクカク止まる原因と解決方法

日付: 2017.04.14
カテゴリ:

最近、パソコンでYoutubeの動画を見たら、動画再生がいつも遅くてカクカク止まります。停滞が一秒一回と言っても過言ではない、とても悩んでいます。

「Youtubeの動画再生が遅くてカクカク止まる」問題について沢山調べた結果、6つの方法を見つけました。その中の一つは私の動画再生問題に効きます。だからこの問題で悩んでいるあなたには、これらの方法が試し見る価値があると思います。

目次:
Part 1: Youtubeの動画再生が遅くてカクカク止まる原因を推定
Part 2: Youtubeの動画再生が遅くてカクカク止まる問題に対する解決法

 

Part 1: Youtubeの動画再生が遅くてカクカク止まる原因を推定


「Youtubeの動画再生が止まる」問題の一番可能な原因はネットワークが遅すぎで、見ている動画のバッファに満足できません。

二つ目の原因はハードウェアです。例えば、十年前に買ったパソコンを使って、より多くのメモリ或いはより良いプロセッサーをアップグレードしてないなら、その旧いハードウェアがYoutubeの動画再生に影響を与えます。

3つ目の可能性はウェブブラウザです。これはあなたのデフォルトブラウザの一部の設定に関わるかもしれませんので、ほかのブラウザを試してください。

 

Part 2: Youtubeの動画再生が遅くてカクカク止まる問題に対する解決法


1.より速いネットに変換

もしネットワークが弱いのことを確信するなら、より速いWi-Fiに変換してくだい。

 

2.ほかのブラウザを試し

デフォルトブラウザ以外のブラウザで 動画再生を試して見るのもいい方法です。
Firefox、Chrome 、 Internet Explorerなどのブラウザで試してください。

 

3.  Adobe Flashを最新バージョンに更新

ほとんどの動画配信ポータルはAdobe Flashを使います。Windows 10/8でChromeブラウザとInternet Explorer11ブラウザが内蔵フラッシュプレーヤーを搭載しますので、Adobe Flashが必要ではありません。ほかのブラウザは全てフラッシュ・プラグインを利用しなければなりません。Adobeの公式サイトでAdobe Flashを簡単にダウンロードできます。もし、Adobe Flashが既にパソコンにインストールしたなら、これは最新バージョンかどうかを確認してください。

 

4. Youtubeの動画をパソコンにダウンロード

Youtubeの動画バッファ方式が変わりました。ずっとバッファに蓄えるわけではなく、一旦動画を一時停止したら、バッファの蓄えも同時に止まります。これの影響を受けないためには、直接Youtubeの動画をダウンロードし、パソコンで動画を見ることがおすすめです。

 

5. 画質を下げる

Youtubeは自動で動画の画質を選択しますが、「設定」ボタンをクリックし、解像度を手動で変更できます。だから、動画再生のカクカク問題を解決するため、画質を下げるも一つの方法です。

 

 6.  HTML5動画に変換

一部の映像配信サイトはFlash以外 のHTML5動画再生方式も提供します。Youtubeで、この HTML5機能を利用するため、http://www.youtube.com/html5ページを訪問し、HTML5テストに参加してください。最新バージョンのブラウザが大体HTML5再生方式に対応できるから、動画再生の問題、、特にFlashに関する問題が解決できるかもしれません。

「Youtubeの動画再生が遅くてカクカク止まる」問題が解決したでしょうか。もし解決したら、どの方法が役に立てるかを下でコメントを残してください。