プロトタイピング:商用製品生産の重要な第一歩


日付: 2021.03.03
カテゴリ:

今はまさに、第4次産業革命です。そして、テクノロジーが変化するペースは、これまでに見たことのない規模で加速しています。最新のテックソリューションの設計と作成に携わる人にとって、プロトタイピングは生産サイクルの重要な第一歩です。それは、製品が商業的な成功になるかどうかを確信するために、違いを明確にしてくれます。そのため、その違いが何であり、企業がそれに目を通す理由を知ることは非常に重要です。

プロトタイピング

 

プロトタイピングとは何ですか?

 

プロトタイピングは、最新のコンセプトがついに形になる過程であり、生産サイクルの第一段階です。アイデアが商業的に販売可能な製品になるかどうかを確認するため、テストと実験を行います。また、プロトタイピングは、様々な業界に使われており、製品の最終形態がリリースされる準備が出来ていることを確認するためには、どのように設計やデザインを適応させるかを明確にするものです。

プロトタイピングに投資する企業は、長期的に時間とコストを節約できます。潜在的な欠陥を明らかにし、製品のすべての側面が期待通りに機能することを保証し、まだ探求されていない新しいアイデアにスポットライトを当てるためのプロセスが役立つからです。すなわち、プロトタイピングは最終的に新製品を最高の状態にするために洗練するためのプロセスです。

 

プロトタイプ製品の構築のメリット

 

プロトタイピングをする利点は数多くありますが、究極は他の製品との差別化を明らかにすることです。品質管理は1つの利点です。結局のところ、どの企業も問題をチェックせずに新しい主力製品をリリースすることを望んでいません。そのためには、様々なテストが必要となります。例えば、ユニバーサル基板を試作(プロトタイプ)することは、構造的な弱点をテストする最良の方法です。

プロトタイピングの段階では、企業は、生産の目に見えるコストだけでなく、様々な経営資源の効率化も達成できます。これは企画段階で革新的な新製品の開発であっても、それがテストを通過できず、中止になることもあります。例えば、生産コストが潜在的なリターンを上回ってしまうことを理由に、プロトタイプの段階を通過出来なかった車が多くあります。

 

プロトタイピングを一般的に使用する業界はどの分野ですか?

 

自動車部門は、プロトタイピングが一般的なプロセスである多くの分野の1つに過ぎません。そして、それは驚きではありません。結局のところ、車に関しては、運転手の安全はパフォーマンスと同じくらい重要です。しかし、プロトタイピングが生産サイクルにおいて、恒常的に行われている他の部門はどうでしょうか?製品のねらいを得るための根本的なニーズは他にどこにありますか?

電子機器はもう一つの例です。最新の携帯電話、スマート技術、または家電製品はすべてこのプロセスを通過する必要があります。それをしないと、メーカーが主張する利点を提供できない可能性があります。医療部門は、プロトタイピングが重要であるもう一つの例です。(特に人々の健康が侵されるリスクがあるとき。)

プロトタイピングプロセスにおいて、一部の製品が様々な理由から試作の段階を通過しないことは普通のことです。しかし、それは必ずしも生産サイクルの終わりというわけではありません。逆に、新しいインスピレーションとイノベーションが根付くプラットフォームになることが多いです。そして、それは今、世の中に信じられないほど、素晴らしいたくさんの製品が存在する理由の一つです。

車