Apple新型発表会:製品のホットスポット全面的に分析


日付: 2016.09.07
カテゴリ:
Apple新型発表会
アイフォンは9月7日午前10時で(日本時間午前2時)発表会を行う予定です。今回発表会の場所はサンフランシスコのビル·グラハム市政講堂です。
以前アイフォン発表会の経験によりますと、今回発表会で発表される新品は、何度も情報が流出された新世代アイフォン、新しいデザインのMacBook Pro、それから強い性能を持つApple Watch 2だと思われます。

三月の新品発表会招待状の小綺麗なスタイルと異なって、今回の秋発表会招待状は黒を背景にしました。「See you on the 7th」は今回の行う時間を示すだけでなく、発表会の主役はiPhone 7も暗示しました。招待状は円形の光スポットに満ちています。これが新アイフォンで採用するカメラに関係があると推測します。

この前のうわさによると、新しいアイフォンがデュアルカメラを採用するかもしれません。二色のカメラを搭載したアイフォンは「先に写真を撮ったあとにフォーカス」、あるいは「もっと大きい絞りで距離感を出す」の能力が備える、この招待状はこのことを表示するかもしれません。二つのカメラを合わせて、全体の画像効果を更に自然になれます。

 

iPhone 7については前に流出された大量の情報により、ほとんど懸念がないですが、ダブルカメラを採用するかどうかはまだ謎です。

iPhone 7

もちろん、iPhoneはこの発表会の絶対主役です。4.7インチのiPhone 7と5.5インチのiPhone 7 plusは最新のA10プロセッサを使って性能を増強して、電池の容量も増えるかもしれません。iPhone 7の電池容量は1960mAhで、iPhone 7plusは2910mAhに達します。

 

もう一つ期待できる点は、今回発表される新世代iPhoneは、最小容量のモデルは32GBになるかもしれません。現在色々なアプリのサイズがどんどん大きくになり、16GBのiPhoneではユーザーが心地よく使えません。メモリの方面では、iPhone 7は2GBメモリを維持し、iPhone 7plusは更にエスカレートし、3GBのLPDDR4のメモリを使います。

デュアルカメラ

一連のiPhone情報のなかで、最も注目されるのは新型iPhoneで使いそうなデュアルカメラです。以前はある写真でiPhone用のデュアルカメラモジュールを流出したことがありますが、アップル社は最終段階でこのプランを取り消したという情報もあります。

 

今までの情報を総合的にみれば、新型iPhoneはiPhone 6sと比べて、確かにあまり目立つ改変がありません。来年はiPhoneの10周年のために、アップル今年発表される携帯はiPhone 6SEに命名して、もっと革新がある「iPhone 7」が来年には発表されるという推測もあります。

 

しかし携帯市場は今激しい競争環境の中にあり、アップルのハイエンド機市場最大ライバルのサムスンは、自分の旗艦製品が時代に遅れないように、急いで第六代のnoteを「note7」に名付けしました。三月に発表されたiPhone SEの外観があまり変わっていない上、もし九月でiPhone 6SEという新しい機種が発表したら、消費者の心を惹きにくいとアップルも多分考えています。だから、今年発表したの新型はやはりiPhone 7でネーミングされる可能性が高いと思います。

招待状

また、招待状で書いた「See you on the 7th」もiPhone 7が発表会で公開するヒントになります。
新型iPhoneの発売時間については、この前流出されたAT&Tファイルによると、アップルは9月23日で新しい機種を発売するようです。でもツイッターでは、新世代のiPhoneは9月9日に予約を開始し、そして9月16日から発売されるとの情報があります。

 

MacBook Pro:更新はほとんど確定、唯一の懸念は発表時間
まだ色々謎あるiPhoneに比べて、新型のMacBook Proは何既にあまり懸念がないと言えます。今まで流出された写真から見ると、新型MacBook Proは前代と比べて、一番大きな違いは、タッチバネルでキーボードを代わることです。そして指紋認証機能もなかに入れる可能性もあります。また、新型MacBook Proは第二代usb3.1が支持できるusb type-cを採用します。

MacBook Pro
サプライチューンからの情報では、アップルはこのMacBook Proで、従来のプラスチックの代わりに、金属の材質を使います。そうすると、外観から見るとこの一体性がもっと強く、金属軸のデザインも現在販売中のMacBookに似ています。

 

性能面では、Intelのkaby lakeプロセッサは2017年で出荷する予定ですので、この世代のはまだskylakeプロセッサを搭載します。多くな期待を得るMacBook Airは、三月は最小メモリを8Gにアップデートしたばかりので、アップルはMacBook airに外観及び最も注目されるスクリーンを更新しないかもしれません。

 

しかし新型MacBook Proは今年発表されると思われていますが、今回の発表会で、この新しい機種は公開しないかもしれません。何せ今回の主役はiPhone 7なので、アップルも大幅に更新したMacBook ProにiPhone 7の注目を奪いたくないでしょう。たとえ新型MacBook Proは九月七日に発表されても、正式な販売時間はおそらく十月あるいは十一月になるでしょう。

 

Apple Watch 2:9月発表されて、来年に発売する?
二年前の秋発表会で、アップルはApple Watchを正式的に発表しました、それから2015年の春から正式発売。最近多くの販売店もApple Watchの価格を下げました。Apple Watch新しい機種の発表も遠くないようです。

Apple Watch 2
アップルの新品発表に注目するアナリストは、アップル社はApple Watch 2を発表する以外、1の小幅アップグレード版を発表する可能性があると言いました。強い性能のプロセッサ以外、運動監視能力を上昇するために、Apple Watch2はもっと多くなセンサーを加え、GPS、気圧センサなども含めています。

 

流出された部品図によると、次世代のApple Watchは外観の設計にはあまり変わっていないけど、電池容量は今より30パーセント増加しました。この写真の電池容量は334mAで、今の42ミリメートル Watchの電池容量は246です。今のを比べておよそ35.7パーセント増加しました。もっと大きな電池容量はもっと長い使用時間をもたらせます。Apple Watch 2は毎日充電しなければならない苦境から脱却できるかもしれません。

 

Apple Watch 2の正式発売時間については来年の春だと予測されます。アップグレード版については、正式発表後で199ドルの価格で発売すると思われます。