Appleの「弁当箱」:Mac miniの進化歴史


日付: 2017.03.03
カテゴリ:

最初のMac miniデバイスが発表された2005年から今まで、既に10年以上になりました。Apple会社はMac miniをグレードアップし続けて、いろいろな進歩を取って、数多くのユーザーを収穫しました。近年、iPhoneなどモバイルデバイスの速やかな発展で、Apple会社はiOSデバイスにより多くの精力を投入して、Mac miniの発展がだんだん停滞になりました。

2005年のMacworldスピーチでジョブスは“Mac miniがBYODKMです”という話を言いました。当時意味不明と思う人も多いでしょう。

このことばの意味は“あなたのディスプレイ、キーボードとマウスを持ちましょう(Bring Your Own Display, Keyboard and Mouse)、私たちがパソコンを提供して、残り部分が君たちが準備します”とジョブスを解釈しました。

最初、Mac miniを設計する意図はユーザーたちの注目をMacOSに移させることです。ユーザーが旧いパソコンを捨てて、現有のデバイスに一つのMac miniを配置すればいいです。

一代目のMac mini価格が499ドルで、史上で最も安いMac パソコンです。Appleのユーザーにとって、Mac miniが昔Apple 90年代の安いMac―Macintosh LCに連想させるかもしれませ。

一代目のMac miniが1.25或いは1.42GHzのG4プロセッサ、4200rpmのハードディスクと256Gのメモリーを搭載しています。二つのタイプもドライブを一つだけ配置し、DVDとCDを読めます。これらは全て高さ2インチ、長さと広さとも6.5インチのボディの中に詰め込まれました。

その時のiMacもPower MacもG5チップを搭載していますが、Mac miniの配置が相対的に下げられたので、価格も安くになりました。この安いMacがよくサーバーとして使われます。車載デバイスと家庭用のDVDプレイヤーとしても良く使われます。

2005年9月、Apple会社が Mac miniをグレードアップしました。もっと速いハードディスクとCPUを搭載して、より速いグラフィックカードとSuperDriveを持っているハイエンドタイプもあります。

 

一、Intelに移動する


iMacと同じ、Mac miniがIntelへの移動について、特に新たに設計はなかったです。外見がそのままで、他のUSBインターフェイス二つ、オーディオ輸入、エーテルインターフェイスとをFront Rowリモートコントローラ用のインターフェイスを増えました。

価格の方は上がった。基本タイプで、Intel Core Soloプロセッサを搭載している唯一な Macが599ドルで、SuperDriveとCore Duoプロセッサを持っている高級タイプが799ドルです。

Miniの設計が何代目も使われ続けます。2006年末のタイプがCPU速度を高めて、2007年中旬のタイプが1GBのメモリー、大きなハードディスクとCore 2 Duoプロセッサを搭載しました。2007年中旬のタイプが19月間販売した、一度Apple会社がこのデバイスを放棄すると思われます。

しかし、Apple会社が2009年3月にMac miniを再度グレードアップアップしました。CPU速度が変わらないが、Mini DisplayPortインターフェイスとmini-DVIの設置が初めて多くのディスプレイを支持できるMac miniになりました。

 

二、Mac mini(サーバー、2009年末)


Apple会社が2009年10月に999ドルのMac miniを発表しました。このデバイスがSnow Leopard Serverシステムを持って、2.53GHzのプロセッサ、4GBメモリーと二つの500GBハードディスクを搭載します。

二つ目のハードディスクを付けるために、Apple会社がドライブを取り除いて、弁当箱のような見かけになりました。人々のMac miniの使い方に対して、Apple会社も気付いてしました。安い価格、小さ体積、それから静かな使用状態というメリットで、Mac miniが家或いは事務所の中でサーバーを設置したいユーザーにとっては最高のデバイスになりました。

 

三、新たな設計


2010年の夏、Apple会社が新しいMac miniを発表しました。大きなアルミニウムの塊から形を削った外殻で、全体的の設計は以前の機種を平らにした感じです。

デバイスの底にプラスチックの丸い蓋が設置されて、回すことで開けることができます。メモリーをアップすることができます。高級レベルのユーザーはハードディスクの変更もできます。
このタイプがHDMIインターフェイスとSDカードスロットを搭載しています。

 

四、2011年から今まで


一年後、2011年中旬のMac miniがThunderboltインターフェイスを増えて、ドライブを取り除きました。2012年の時、Apple会社がサーバーのタイプの生産をひっそり停止しました。

 

今、2014年末のMac miniが最も新しいタイプです。外見は2011年と2012年のタイプによく似てるですが、下記の通りの変更があります:

1、メモリーがアップできない。底に丸い蓋が設置されるが、メモリーもマザーボードに固定されました。
2、4コア機種を取り消して,全て機種は2コアタイプ。
3、二つ目の2.5インチのハードディスクスロットを取り除いて、ハードディスクが一つしかないです。

 

五、未来


Apple会社が続いてMac miniを保留するかどうか、今分からないですが、このデバイスはもう何年間更新されでないです。戦略方向がモバイルデバイスに移すと伴に、Apple会社も主な精力をiOSデバイスに投入します。Mac製品への関心がない状態も一部のMacユーザーに不満を起こした。Mac miniの未来がどうなるか、Apple会社はたぶん今年に答えをだすかもしれません。