113000円から発売!iPhone 8の新しいデザイン:Touch Bar導入

日付: 2017.03.03
カテゴリ:

iPhone 8は間違いなく手に入れる最も値打ちがある新型です。新しい外形のデザインで、ユーザーに新しい刺激をあたえられるでしょう。 先日、FonePawはiPhone 8のテスト機を体験した、iPhone 8は大きな進化を遂げました。本体全体は物理のボタンがなくなり、画面の占める比率が増大し、5.8インチのOLED搭載で、5.15インチの有効エリアがあります。

今、何度も正確にアップルの未発表新品情報を公開した関係者が出した最新情報によると、最も進化したiPhone 8は、画面下部にあるタッチ区域が予備として残こされ、いくつかの仮想ボタンなどが表示され、ちょっと新しいMacBookProのタッチバー に似ています。

この予備残された仮想表示区域はなんの機能があり、具体的にどのように実現するか、具体的に説明しませんでした。

また、物理Homeボタンの削除により、Appleに新しいバイオ技術を導入、これてiPhone 8によってユーザーの安全をより良く保護できるになります。新しい機種が3 Dレーザースキャニングモジュールを導入する可能性が有り、それによって顔認識と現実アプリケーションの増強を促進できます。

最後はみんなが関心したiPhone 8について今年は三つの新品の情報です。4.7インチと5.5インチは通常更新なので、それらの名前がiPhone 7S、7S Plusになる可能性が高いです。新iPhoneの価格については、1,000ドルから発売、日本円に換算すれば約113,000円と言いました。

なぜ値上げするかといったら、iPhone 8の製造コストがiPhone 7Sより50%-60%増加し、値上げしないという考えは甘いですね。