2016年第4四半期にAppleの出荷量は第一位となった


日付: 2017.02.22
カテゴリ:

米国 の調査会社Gartnerは2016年第4四半期のスマートフォンシェア率を発表しました。データにから見ると、iPhoneは世界最大のスマートフォンメーカーになりました。出荷台数は7,703.9万台、シェア率は17.9%に達し、去年より17.7%増加しています。

 

2016年第4四半期スマートフォン出荷量


サムスンの出荷量は7,678万台で、17.8%を占めたが、1位から5位に市場シェア順位が下がりました。しかし、一年前の市場占有率は20.7%でした。特に中国のHUAWEI、OPPO、VIVOは全部5位以内に入りました。出荷量はそれぞれ4,080万台、 2,670 万台、2,429万台で、それぞれ9.5%、6.2%、 5.6%のシェアを占めています。

それでも、3.06億台スマホを出荷したサムスンは全世界において最大のスマートフォンメーカーです。2.16億台を出荷したAppleが2位になりました。HUAWEI、OPPO、VIVOの出荷台数は、それぞれ1.33億台、8,530万台と7,241万台です。

オペレーティングシステム(OS)について、Androidはまだ81.7%の市場シェアを占め、iPhoneのiOSが17.9%を占めます。でもWindows Phoneは1.1%から0.3%減少し、Blackberryは市場で消えました。