Apple社が初めてAndroidアプリを発表:クロスプラットフォームの音楽アプリ

日付: 2015.06.10
カテゴリ:

Apple Music

昨日行われたWWDC2015で、Appleは自社の音楽サービス「Apple Music」を公開しました。これはApple自分の製品に使われるだけではなく、近いうちにandroidにも対応する予定です。

Appleのストリーミング音楽サービスの月料金は9.99ドルです、6月30日からiPhone・iPad・iPod touch・Mac・Windows PCで使われる。最大6人まで分け合うことができるファミリーアカウントの月料金は14.99ドルになります。

今回Appleの汎用音楽プラットフォームはユーザーとアーティストを繋がることができます。アーティストはここで自分の最新作品を発表でき、ユーザーも自分が好きなアーティストをフォローして、最新動態を把握できます。

前のApple社はこの前に買収したBeats Music以外、Androidアプリを一切持っていない。だから今回の「Apple Music」はApple社が初めて開発したandroidアプリになります。

関連記事:iOS 9キター!対応機種はなんでしょう?