新たなApple TVのOSにウェブページ閲覧を対応しない

日付: 2015.09.21
カテゴリ:
アメリア独立開発者Daniel Pascoの最新ブロクには、新型Apple TVの操作システムtvOSがウェブページ閲覧機能がないと公開しました。開発者にとってはいろいろ不便かもしれませんが、ユーザーにとっては悪い情報ではない?
Apple TVがウェブページ閲覧機能がない
ウェブページ閲覧出来ないということは、tvOSのために開発されたすべてのアプリにTwitterやFacebookなどのリンクを残すことが出来ない、RSSリーダーなども使えない。開発者にとっては、機能が制限され、開発の難易度も上がるでしょう。しかしユーザー側から見れば、これはすごいですね悪い話ではない。ウェブページ閲覧対応しないということは、開発された製品にtvOS専属の表現パーツや方式を採用する必要があります。Apple TVユーザーにはもっと高いクオリティの体験を得るでしょう。それにこの制限は根本的にネット上のセキュリティ・ホールと隔離でき、安全性やプライバシーの保証も大きく増強されたます。こう見れば、Appleのこの決定は正しいと思いませんか?開発者にはすこと手間がかけるかもしれませんが、Apple TVのユーザーはより便利かつ安全的の体験を得られます。もちろん、実際の効果についてはまだ確認されていませんので、今は正式リリースするまで、もう少し待ちましょう。