iTunesとiCloudを使ってiPhoneのバックアップを取る方法

日付: 2015.10.31
カテゴリ:

iPhone中の大切なデータを失わないよう、定期的にバックアップを取ることを皆様にお勧めします。バックアップがあれば、万が一エラーもしくは不具合でデータが消えたとしても、復元することで取り戻せます。「FonePaw iPhoneデータ復元」を使えば、バックアップファイルから欲しいデータだけを抽出するのも可能です。iPhoneのバックアップ方法と言えばiCloudもしくはiTunesですね。ここからはiCloudとiTunesのバックアップ方法を皆様に説明したいと思います。

1、iCloudのバックアップ方法

iCloudでのバックアップはWi-Fi環境が必要ですのでご注意ください。それからiCloudは無料だと5GBまでしか使用できないので、もしバックアップするデータの量が多いなら足りないかもしれません。月料金を払えば、容量をは増やせます。

自宅にWi-Fi環境がない方は、コンビニや携帯ショップで「docomo Wi-Fi」や「au Wi-Fi スポット」「Softbank Wi-Fiスポット」などを使用してください。パケット契約をしていれば無料で使用できます。Wi-Fiに接続したら、iPhone「設定」をタップします。更に「iCloud」と言う項目を選択すれば、iCloudの設定画面に入ります。まずはApple IDとパスワードを入力してサインインしてください。
Apple IDとパスワードを入力
サインインした後、「バックアップ」をタップして、「今すぐバックアップを作成」のところを選択すれば、自動的にバックアップを取ります。
今すぐバックアップを作成
手動でバックアップを作成する以外、iCloudは毎日自動的にバックアップを取ることもできます。しかしiCloudは一つデバイスで最大三つのバックアップしか保存できません。三つを越えた場合は古い順から上書きしますのでご注意ください。

2、iTunesのバックアップ方法
Apple公式の管理ソフトiTunesを使えば、パソコンでiPhoneのバックアップを取れます。パソコンでのバックアップはiCloudと違って、容量の制限がありません。パソコンのHDD容量が足りれば、iPhoneの全データをバックアップできます。

まずAppleの公式サイトで最新版のiTunesをお使いのパソコンにダウンロードして、インストールします。iPhoneとパソコンを接続し、iTunesを実行すれば、iPhoneを認識します(初めて接続する場合、iPhoneで信頼する必要があります)。iPhoneを認識されたら、iTunesでiPhoneのアイコンをクリックしてください。
iPhoneのアイコンをクリック
「バックアップ」の項目で「このコンピュータ」を選択して、「今すぐバックアップ」のボタンをクリックすれば、バックアップが開始します。
今すぐバックアップ
バックアップファイルの保存場所はOSのよって違います。詳しくは以下をご参考ください:
パソコンのOSはWindows XPの場合
¥Documents and Settings¥[ユーザー名]¥ApplicationData¥Apple Computer¥MobileSync¥
Backup¥

Windows Vistaもしくは7や8の場合、
¥ユーザー¥[ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥

Macの場合、
~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/
となっています。

以上、iTunesとiCloudを使ってiPhoneのデータをバックアップする方法でした。iTunesもiCloudも基本的にiPhone全体のバックアップを取っています。そしてバックアップを復元しない限り、中身の内容を直接確認することもできません。もし一部のデータだけをバックアップしたい場合、データ転送ソフト「FonePaw iOS転送」をお勧めします。

iPhoneはいろんな機能を搭載している便利なデバイスです。もっと安全かつ便利にiPhoneを使用するために、皆様も定期的にiPhoneのバックアップを取りましょう。