iCloudの基本設定と使い方

日付: 2015.10.13
カテゴリ:

iCloudはAppleの公式サービスの一つです。iPhoneに保存されたデータを自動でネット上に保存でき、パソコンやiPadからデータにアクセスできます。iPhoneデータの自動バックアップなど、いろんなことができ、iOSデバイスユーザーにとってはかなり実用的のサービスです。皆様がもっとこの便利な機能を使いこなすよう、今回はiCloudの使い方について紹介します。

1、iCloudを利用するには
iCloudを利用するには、まずはサインインすることが必要です。iPhoneのメイン画面で「設定」をタップ、「iCloud」という項目を選択してください。ここでApple IDとパスワードを入力すれば、iCloudにサインインできます。もしApple IDがないなら、下で新規作成することもできます。
iCloudにサインイン
サインイン、iCloudを利用できます。ここからはiCloudのいくつよく使われる機能を皆様に紹介します。

2、iCloudを使ってiPhoneのバックアップを取る
iCloudを使えば、iPhone中のいろんなデータをネット上にバックアップできます。iPhoneの設定でiCloudの自動バックアップを有効すれば、自動的にバックアップが取れます。自動バックアップ以外、手動でバックアップを作成することもできます。

「設定」から「iCloud」を選び、「バックアップ」をタップしてください。
iCloudでiPhoneのバックアップを取る
ここで自動バックアップを設定できます。もし今すぐ手動でiCloudを作成したいなら、下にある「今すぐバックアップを作成」をタップすればできます。
バックアップを作成
ちなみにiCloudにバックアップするにはWifiが必要なので、iPhoneがWifiに接続してることを事前に確認してください。

3、iCloudの容量を増やす
iCloudは無料だと5GBしか使えない。しかし月料金を払えば、容量を増加できます。価格は以下となります:
iCloudの容量を増やす
操作方法はまずiPhoneの「設定」を開いて、「iCloud」→「ストレージを管理」→「iPhone」の順でタップします。この画面で「更に容量を購入」を選択すれば、プラン選択画面に進めます。
容量を購入
後でもし解約したい時は、同じくここで無料の5GBを選択すればいいです。

4、PC側でiCloudをアクセスする
iPhoneで操作する以外、今はパソコンからにもiCloudにアクセスできます。まずはパソコンのブラウザにwww.icloud.comを入力してください。Apple IDとパスワードを入力すればパソコンでiCloudにサインインできます。
PC側でiCloudをアクセス
PC側のiCloudも連絡先やリマインダー・メモなどいろんなデータを管理できます。「メール」をクリックすればここでメールを確認もできます。
PC側のiCloudを管理
iPhoneでの同期を有効にすれば、パソコンのiCloudで追加・編集されたデータはiPhoneにも反映されます。連絡先を追加や編集する時は便利ですね。

更に、万が一iPhoneを紛失したら、ここで「iPhoneを探す」の機能を使って、iPhoneを見つけることも可能。詳しいやり方については本ブログ過去の「iPhoneを探す」記事をご参考ください。

以上、iCloudのいくつよく使われる機能を皆様にご紹介しました。iPhoneユーザーにとっては間違いなくいろいろ便利なサービスです。それからiPhoneだけではなく、ほかのiOSデバイスにも対応しますので、iPhoneとiPadでのデータ共有なども、iCloud経由で簡単にできます。興味ある方なら、今すぐiCloudにサインインして体験してみましょう。