Galaxy S7 EdgeとiPhone 6s Plusの全面的な比較

日付: 2016.04.01
カテゴリ:

人気があるフラッグ機種の中に、消費者に最もよく比べられるのは、SAMSUNGのGalaxy シリーズとアップル会社のiPhoneシリーズです。両者の更新周期が異なり、得意の機能と操作体験も違います。消費者として、あなたはどっちを選びますか?Galaxy S7 EdgeとiPhone 6s Plusの全面的な比較を見ましょう!以下は海外メディアから提供したGalaxy S7 EdgeとiPhone 6s Plusの核心規格の比較報告、購入したい消費者にある程度のヘルプを与えるでしょう。

サイズ
Galaxy S7 Edge:151mm×73mm×7.7mm
iPhone 6s Plus:158mm×78mm×7.3mm

iPhone 6s PlusのサイズとGalaxy S7 Edgeのを比べ、5%高く、7%広いです。それから、厚さの面でiPhone 6s PlusはGalaxy S7 Edgeより5%薄いです。Galaxy S7 Edgeは曲面のデザインを採用して、本体の最も厚いところが7.7mmです。人によって使用体験が異なるかもしれません。

サイズ

重さ
Galaxy S7 Edge:157g
iPhone 6s Plus:192g

Galaxy S7 Edgeの重さはiPhone 6s Plusより18%軽いです。

材質
この二つのフラッグ機種はもうプラスチックを使っていない。Galaxy S7 Edgeの本体はコーニング会社の滑らかなガラスとアルミニウム合金制の中枠を採用しました。iPhone 6s Plusは一体成型のアルミニウム合金材質を採用しました。


Galaxy S7 Edge:銀色、黒色、金色
iPhone 6s Plus:ピンクゴールドの色、灰色、銀色、金色

色

Galaxy S7 Edgeは現在三つの色があります。iPhone 6sも元は三つの色がありますが、去年9月でピンクゴールドの色を追加し、四つになりました。

スクリーンのサイズ

Galaxy S7 Edge:5.5インチ
iPhone 6s Plus:5.5インチ

この二つの機種の体サイズから見れば、iPhone 6s PlusはGalaxy S7 Edgeより5%高く、7%広いですが、両者のスクリーンのサイズは同じな5.5インチです。ここから見ると、勝利者はGalaxy S7 Edgeです。

スクリーンの解像度

Galaxy S7 Edge:2560×1440 534ppi
iPhone 6s Plus:1920×1080 401ppi

スクリーン解像度の面では、Galaxy S7 Edgeはまた勝利者になれました。スクリーンの解像度から見って、Galaxy S7 EdgeはiPhone 6s Plusより33%高いです。iPhone 6s Plusのスクリーンは粒状感がなく、明るさと見える角度の面にいい印象を残しましたが、Galaxy S7 Edgeのスクリーンはもっと優秀です。

スクリーンの解像度

スクリーンの材質
Galaxy S7 Edge:AMOLED
iPhone 6s Plus:IPS
二つのスクリーン材質、AMOLEDとIPSは各自の長所と欠点もあります。

Always-onスクリーン

Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:×

Galaxy S7 EdgeはAlways-onスクリーン技術を搭載したので、ユーザーはいつも時間、日付などの情報を見ることができます。バッテリーの航続力も影響をほとんど与えないそうです。

曲面のスクリーン
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:×

SAMSUNG Edgeシリーズは二つの曲面のデザインを採用しました。この曲面デザインはSAMSUNG会社の奥の手になり、スクリーンのエッジでスライドしている時、速やかにアプリのショートカットと各種のプラグインを見つけることができます。

曲面のスクリーン

3D Touchのスクリーン
Galaxy S7 Edge:×
iPhone 6s Plus:○

iPhone 6s Plusを利用している時、スクリーンをタップする力が少し重くなれば、最新の画面―「Peek」が現れます。この画面は写真、メッセージ、メールの中にある読みたいメッセージをスクリーンの表面に現わせ、他の内容を淡くにさせます。その内容を目立たせる効果は指を加える圧力によって変わり、圧力がもっと重くならば、各アプリ間の切り替れる「Pop」画面も現れます。この新しい方法で、アプリを最速に見つけられますので、iPhone 上の操作はより速いと便利です。

3D Touchのスクリーン

カメラの画素
Galaxy S7 Edge:12MP 5MP front
iPhone 6s Plus:12MP 5MP front

2016年発表したSAMSUNG S7/ S7 Edgeのカメラ画素は2015年の機種より低いとしても、画素サイズの進化によって、少々暗い環境でもよく撮れます。SAMSUNGは、S7/ S7 Edgeのカメラ入光量がS6より97%多いことを発表しました。今までiPhoneのカメラは業界をリードしていると思われていますが、海外の業者は今年SAMSUNG S7/ S7 EdgeのカメラがiPhoneの地位を揺られることを考えています。

カメラの画素

カメラの絞り
Galaxy S7 Edge:f/1.7
iPhone 6s Plus:f/2.2

Galaxy S7 Edgeはもっと広い絞りを備えます。これは、画素サイズをアップする以外、暗い環境での撮影効果を改善するもう一つ重要な要素です。

光学アンチシェイク
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:○

光学アンチシェイク

Galaxy S7 EdgeとiPhone 6s Plusも光学アンチシェイク機能搭載しました。撮影している時、手の揺れで写真がぼんやりになるなど欠点を有効に埋め合わせます。

カメラを起動するショートカットキー
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:×

Galaxy S7 EdgeはHomeボタンをダブルタップしてカメラを起動出来る操作が搭載しました。ユーザーに対して、この操作は突発的な状況をよりよく応対することができます。iPhoneの場合、ユーザーはロック画面に入り、カメラのアイコンをスライドして起動する必要があります

バッテリー
Galaxy S7 Edge:3600mAh
iPhone 6s Plus:2750mAh

バッテリーの持続時間はスマホの発展を足止める一つ大きな原因です。Galaxy S7 Edgeのバッテリー容量は前の機種より31%高いですが、実際の持続時間はまだ実験が必要です。

高速充電
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:×

高速充電

ほとんどのハイエンドAndroidデバイスは高速充電の機能を搭載しいますが、iPhoneは依然として搭載しません。Galaxy S7 EdgeはLG G5のQuick Charge3.0版ではなく、以前のようにクアルコム会社のQuick Charge 2.0を搭載しました。

ワイヤレス充電
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:×

iPhone 6s Plusはワイヤレス充電の機能を搭載しないけれども、別売りのパーツを付けることで実現できます。Galaxy S7 Edgeの方は元々ワイヤレス充電の機能があり、もし70ドルを払ってSAMSUNGの高速充電パネルを購入すれば、充電の速度はさらに上げます。

ワイヤレス充電

バッテリーの取り外し
Galaxy S7 Edge:×
iPhone 6s Plus:×

この二つ機種はバッテリーを外すことができません。

水冷
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:×

Galaxy S7 Edgeは水冷機能を搭載したので、長時間にゲームを遊ぶ時、スマホの温度を下げれます。

VR機能
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:×

今年に入ってから、仮想現実―VR機能は大ヒットを続けています。Galaxy S7 EdgeはVR機能も搭載しました。3月18日前にGalaxy S7 Edgeを注文したら、売価99ドルのGearVRと六つのゲームを無料に手に入れます。
iPhone 6s Plus本体はVR機能を搭載していないが、サードパーティーの外付けパーツを使えばVR機能を実現できます。

VR機能

CPU
Galaxy S7 Edge:Snapdragon 820 64—bit quad core 2.15GHz
iPhone 6s Plus:A9 64—bit dual core 1.8GHz

フラッグ機種のCPUに対して、高い性能とは必然です。Galaxy S7 Edgeも性能も大きく進化しました。CPUは二つのバーションで販売します。日本、アメリカと中国の消費者はSnapdragon 820 版、他の地域の消費者はExynos 8890版のS7 Edgeを買えます。
iPhone 6s PlusのCPUは最新のA9チップを採用し、iOSと連携すれば、ユーザーにスムーズな使用体験を提供できます。

A9 64—bit dual core 1.8GHz

メモリ
Galaxy S7 Edge:4g
iPhone 6s Plus:2g

Galaxy S7 EdgeのメモリはiPhone 6s Plusの2倍です。

メモリ

ストレージ
Galaxy S7 Edge:32GB/64GB/128GB
iPhone 6s Plus:16GB/64GB/128GB

アメリカのキャリアは現在32GB版のGalaxy S7 Edgeだけを提供していますが、他地域では64GBと128GB版も提供しています。アップルの方は、2015-2016年度にもまだ16GB版のiPhoneを販売していて、容量が足りず困っているユーザーが大量にいます。

MicroSDカード
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:×

この機能はSAMSUNG S6に搭載していないが、Galaxy S7 Edgeは再度搭載しました。32GB版を買ったユーザーに対してはいい情報です。
Galaxy S7 Edgeは最高2TBのMicroSDカードを対応、しかしAdoptable Storage機能を対応できません。外部記憶装置をインストールした後、内部ストレージになります。

モバイルペイ
Galaxy S7 Edge:SAMSUNG Pay
iPhone 6s Plus:Apple Pay

二つの機種は各自のモバイルペイを搭載します。SAMSUNG Payの長所は普通のクレジットカード終端を対応でき、Apple Payは他のNFCアダプタが必要です。

モバイルペイ

指紋認証
Galaxy S7 Edge:○
iPhone 6s Plus:○

二つの機種も「Home」キーに指紋認証機能を搭載しました。

指紋認証

防水
Galaxy S7 Edge:Ip68
iPhone 6s Plus:×

Galaxy S7 EdgeにはIp68級の防水機能を付きました。即ちデバイスは1.5m深さの水で30分以上に利用できます。

OS
Galaxy S7 Edge:TouchWiz UI
iPhone 6s Plus:iOS 9

発売時間
Galaxy S7 Edge:2016年3月11日(アメリカ)
iPhone 6s Plus:2015年9月15日

価格
Galaxy S7 Edge:未定
iPhone 6s Plus:¥98800/110800/122800

 

以上はGalaxy S7 EdgeとiPhone 6s Plusの全面的な比較です。この二つの機種に興味がある方に、もしお役に立てれば幸いです。