ただ一つGoogle地図の間違いマークで、ある居住者の部屋は取り壊された


日付: 2016.04.15
カテゴリ:
Google地図
   海外メディアの報道により、ある解体工事の会社は町内の住所を間違って、Lindsay Diazという女性居住者の部屋を取り壊しました。町内の住所を間違った原因は、Google地図が会社の取り壊すべき部屋をLindsay Diazの部屋に間違ってマークしました。
  その後、Google社は本社の地図サービスが間違い位置情報を提供したことを認めました。しかし、Lindsay Diazの部屋はすぐに再建を行うことができません。Google社の正直にミスを認める態度より、Lindsay Diazに腹を立てさせることは、加害者としての解体工事会社が自分のミスを認めることを断り、冷淡に「保険会社はこのことを解決する」と言いました。

  このおかしいことを見た後、皆さんは自分の部屋をGoogle地図に正しくに表示されることが大切だと思いませんか?