「ナイトモード」は睡眠薬ではなくても、確かに眠りにある程度ヘルプがあり

日付: 2016.04.22
カテゴリ:

「ナイトモード」を使う後、睡眠の質量がよくなり、不眠症がなくなるかもしれないと思う方はたくさんいます。本当にそうですか?海外でMatt Swideという人はこれについて実験を行いました。その前では、彼は毎晩シャワーする後、寝る前にiPad Airを使いますが、画面からの強烈な青い光に困ってます。昼夜の生活規律に影響し、寝れなくなり、不眠症になりました。

iOS 9.3に新搭載する「ナイトモード」機能を知った彼は躊躇なくこの機能を使いました。実は、彼は「青い光過敏症」重度の患者として、二か月前からiOS 9.3 Beta版のテストを参加しました。彼は「ナイトモード」を開った後、スクリーンの色が日没時のようなオレンジ色になれることが気に入ってます。さて、睡眠に対しての効果はどうでしょうか?

睡眠に役立つことを証明するために、Matt Swideは実験を行いました。

「ナイトモード」は本当に有効なものですか?今のようなは科学技術が発達している時代で、睡眠質量を追跡できるものが多いので、着用可能設備でテストできます。主に「ナイトモード」を使わないとを「ナイトモード」を使う後の睡眠状況を比べます。

Matt Swideは本来、 Apple Watchを使いたいけど、公式が有効な追跡アプリを提供しないことを気づいて、 Fitbit Surgeでしかテストを行いませんでした。すべてのテスト内容は前の生活に基づき、毎晩寝る前にiPad AirとiPhone 6sを使う。 Fitbit Surgeで寝たあとの睡眠状況を観測できます。

Fitbit Surgeでテスト

具体的に行ったテストの第一段階は、「ナイトモード」を閉じて、正常に青い光を発したスクリーンでデバイスを使用。 Fitbit Surgeはそれを閉じる後の睡眠状況を観測する。第一段階を数日行い、データを取った後、第二段階は夜にiPadとiPhoneを使う時、「ナイトモード」を開き、日没時のようなオレンジの光を発するスクリーンの色彩を感じました。そしてFitbit Surgeで睡眠状況も記録しました。

「ナイトモード」は本当に睡眠質量を改善しましたか?

世の中にはどんな病気も治れる薬がない。「ナイトモード」を使ってから睡眠の質量が上がったとしても、これで不眠症を治療できるではありません。Matt Swideも、「著しくに作用することはなくても、一周間のテスト中に、データを通じて睡眠質量が少し改善したことが分かって、「ナイトモード」がある程度の作用があります。」と言いました。

「ナイトモード」を使わない時、 Fitbit Surgeのデータは不眠の状況を表示する赤色の線が多いことを示しました。

使わない時の不眠状況

「ナイトモード」を開く後、寝つきは早くなり、不眠の状況を改善されました。しかしながら、 Fitbit Surgeのデータによって、不眠のデータは依然あります。

使っている時の睡眠状況

つまり、Fitbit Surgeのデータは「ナイトモード」が睡眠質量をある程度に改善できますが、不眠症の治療はできません。「ナイトモード」は決して睡眠薬ではありません。

Matt Swideは、「「ナイトモード」は夜にモバイルデバイスをもっと快適に利用することができ、オレンジ色の光が目の疲れを著しくに減っていました。このことはしばらく「ナイトモード」を使う後、通常モードに戻る時にはっきり感じます。普段の青い光に変える瞬間の目ざわり感が酷いです。」と考えました。また、「「ナイトモード」のただ一つの欠点は省電力モードにしか使えることです。それに、色彩を関する仕事をする時、「ナイトモード」を閉じる方がいいです。例えば、エクセルやデータのグラフを作る時、色を間違うかもしれません。」とおっしゃいました。