SAMSUNG Payに続く、SAMSUNG社は音楽面にもAppleへの反撃を始めた


日付: 2016.04.14
カテゴリ:

 先月の初めからある情報により、SAMSUNG社は二年運営している音楽サービスMilk Musicが目標未達のゆえに、それを閉じる予定そうです。しかしSAMSUNG社は、音楽を追求する足取りをとどめなく、先月二つの音楽アプリを発表しました。

SAMSUNG音楽アプリ

まず、SAMSUNG社はGoogle Playにテスト版の音楽プレーヤー「Samsung Music」を発表しました。この音楽プレーヤーはユーザーにもっとクリア、直観の画面を提供でき、MP3、WMA、ACCとFLACなどの音楽形式を対応できます。テスト版のゆえに、Samsung Musicはまだ安定していませんので、現在 Android 6.0を利用しているユーザーのみに提供されます。ユーザーからのフィードバックが問題ないなら、すべてのAndroidユーザーに提供するかもしれません。

たったの数日後、SAMSUNG社はSXSW大会に再度、SAMSUNGの革新部門が開発した音調変換アプリ「Hum On」を発表しました。ユーザーは録音ボタンを押して歌を唱うだけで、アプリがその内容を楽譜に変換できます。さらにこのアプリは楽譜を編集されることができ、ロックやジャズなどの音楽スタイルも変換できます。

音調変換アプリ「Hum On」

「我が社は革新を続き、消費者にもっと多い選択を提供します。」

これは2012年アップル社との専利戦が敗戦した後、SAMSUNG社発表した声明の内容でした。今回発表した二つのアプリは、その前に似るアプリがあるとしても、SAMSUNG社は自分の革新をそれに注ぎました。最初紹介した音楽サービスMilk Musicが閉じられるそうですが、SAMSUNG社は代わりに他の音楽サービスをリリースすることが予想できます。何せ音楽市場に多くの需要があることは既に証明されました、SAMSUNG自身もたくさんのユーザーがいます。

SAMSUNGの「Hum On」

SAMSUNG Payだけでなく、今回の二つ音楽アプリやTizenシステムも、SAMSUNG社はずっとシステムソフトの開発とサービスの面にいい成績をとりたく、より多くのユーザーをもらいたいという決意を示しています。