iOS 10.3はやっと来た、これらの新しい変更点がわかるべきだ

日付: 2017.04.14
カテゴリ:

テストバージョンの番号が重ね重ね更新された後、iOS 10.3が3月28日にやっと正式に発表された。新しいiOSはApple ID画面とApp Store評価メカニズムを一新し、Find My AirPods、劇場モードとApple File System を含めた多くの新機能を追加した。この文章はiOS 10.3で注目すべき新たな変更点を皆さんに整理した。

 

新たなApple ID画面


更新した後、iPhoneの「設定」アプリを開き、トップに新たなApple ID画面が表示される。ここでApple IDの各種設定を調べるや変更することができ、バインディングしたデバイスを管理することもできる。

同時にiOS 10.3はiCloudストレージの使用状況展示画面も更新した。「Apple ID」画面でiCloudをタップすれば、iCloudストレージの使用状況を直観的に理解することができる。

 

アプリ内でレビューとコメントを可能にする


ほとんどの開発者はApp Storeのユーザーのスコアと評価を重視している。iOS 10.3で開発者はApp Storeへ切り替えずに、新たなAPIを利用しアプリの中にポップアップを出して、ユーザーに直接レビューさせることができる。

この機能が悪用されないよう、Appleはレビューを依頼するメッセージを表示できる回数を年3回に制限している。しかし、開発者は前と同じようにポップアップでユーザーをApp Storeにてレビューさせることができる。また、iOS10.3で、開発者はユーザーがApp Storeでの評価に対して返事することができる。

ユーザーはApp Storeでのレビューは参考になるかどうかを3D Touch で評価することができる。

 

Apple File System (APFS)


iOS10.3にアップグレードした後、Appleが新たに導入したファイルシステムAPFSのおかげで、アプリケーションを開く、バックグラウンドを切り替える時に滑らかになったり、使用可能のストレージが多くなったりすることがある。以前のファイルシステムHFS+ の代替品として、SSDに基づいて開発したAPFSはほとんどのAppleデバイスに対して性能と互換性が向上される。

APFSをアップグレードするには特に何かの追加操作が必要なく、iOSのシステムのアップグレードとともに自動的にアップグレードすることができる(アップグレードする前バックアップすることをお勧めする)。そして、iOS 10.3にアップグレードした後、使用可能のストレージが増える原因はAPFSで、同じ名称のファイルはシステムの中にストレージを占めることが一度だけになったからです。例えば、1 GBのファイルを10回コピーすると、前のHFS +には、システムに10個の異なるバックアップがあって、合計10GBのハードディスクストレージを占用する。しかし、APFSには、たとえ100回コピーしても、このファイルは1 GBのストレージしか占用しない。

バックグラウンドを開くや切り替える時に滑らかになる原因はAPFSがアプリケーション実行の優先順位の制御に対して調整したからです。

また、APFSはHFS +より安全性が向上している。HFS + のmacOSにハードウェアの暗号化やiOSにファイルの暗号化に比べ、APFSがレベルの高いシステムの暗号化を採用し、AES-XTSとAES-CBCなどの暗号化方式に対応する。

APFSは利点がたくさんありますが、開発者に対しても新たな要求を出した。iOS 10.3で、32ビットのアプリを開くと、システムはこのアプリが今後のiOSバージョンでは支持されない可能性があるから、開発者がAPFSに適用するために64ビットのアプリを開発する必要があるという警告が表示される。

 

Find My AirPods


AirPodsのユーザーとして、AirPodsが見つからない状況にあったことあるか?AirPodsを探すために、iOS 10.3にFind My AirPods機能を追加した。

「iPhoneを探す」アプリを開き、デバイスリストでAirPodsの現在位置を表示します。AirPodsを探す時に、クリックで音を鳴らると、システムが聴力を損傷しないためにAirPodsを外してくださいというメッセージが表示される。OKをクリックした後AirPodsは音を鳴して、その位置を確認することができる。

 

Apple Watchにシアターモードを追加する


この前流出されたシアターモードはiOSに搭載されなくて、watchOS 3.2のコントロールセンターに搭載された。

Apple Watchでこのモードを開いた後、腕を動かすと画面が自動に点く機能が閉められる。通知を受けた時に、画面をタップ、またはDigital Crownを押すと画面がウィくアップすることができ、通知を読むことができる。

その他の変化
・ポッドキャストにWidgetを追加する
・マップアプリで天気マークに3D Touchを利用すると天気予報が表示される
・カレンダーに迷惑な参加依頼を削除しスパムとして報告する機能を追加する
・サードパーティーの支払い用アプリがSiriを利用して支払うことができる
・最後に使用した三つのアプリをステータスバーに追加され、音楽アプリの画面が新たに設計された
・システムは、単一文字のパスワードを対応せず、最低4桁に要求される
・診断/使用状況は設定のプライバシー画面に統合され、iCloudの共有シェアするオプションを追加す る。
・アプリを開く及び閉める時に、視差効果は前に比べ円角の弧度は大きくなった
・Safariはアクセシビリティの視差効果を減らす機能に対応する
・開発者がアプリ本体を更新せずに、いつでもアプリのアイコンを更新することができ(アイコンを変 更する前ユーザーの許可を得る必要がある)。
・システムがアップデートする時に、電源ボタンを押すと「iPhone / iPadはアップデート終了後再起動 する」のヒントが表示される。