iPhone 7とXperia XZsの比較

日付: 2017.04.05
カテゴリ:

MWC 2017の開催に従い、だんだんiPhoneのライバルが多くなっていきます。

MWC 2017がようやく開幕した。Appleは相変わらず今回のMWC大会に参加していないが、iPhoneは依然としてMWC 2017に対して不可欠のキーワードです。これは多くのAppleのライバルがMWC 大会でiPhoneの競合機種を発表するからです。今年、万全を期するためにSamsungはGalaxy S8の発表時間をずらしたものの、よく知られているSony、HUAWEI等の会社は従来通りに最新作を発表しました、Sony Xperia XZsはその中の一つです。

Snapdragon 820、4GB RAMを採用し、1,900万画素カメラを搭載しているので960 fpsスローモーション撮影可能(当センサーがiPhoneに採用されるかもしれない)、Xperia XZsはSonyらしい機能を数多く搭載し、強い競争力を現しています。今回はSony Xperia XZsをiPhone 7と簡単に比較してみます。

スマートフォンの筐体サイズから見ると、Xperia XZsのほうが大きく、ディスプレイが5.2インチで、サイズは146 x 72 x 8.1 mm/161gです。一方、iPhone 7の方ははサイズが小さくて重量も軽い、138.3 x 67.1 x 7.1 mm/138 gです、これもAppleの薄型・軽量のデザインスタイルに合ってます。

プロセッサーにおいては、去年A10プロセッサー搭載のiPhone 7とiPhone 7 Plusはスマートフォンベンチマークテスト結果のトップ2を占めていたが、Snapdragon 820と4GB RAM搭載のXperia XZsはこの記録を更新できるかどうかはやはり各ベンチマークテストサイトのデータを期待しましょう。

内蔵ストレージにおいては、iPhoneは最大256 GB ROMを提供しているが、Xperia XZsは「64GB+microSDカード」の形で、これもAndroidスマートフォンの従来モードです。

カメラから見れば、Sonyのイメージセンサーはいつもサプライズをもたらします、Xperia XZsが960fpsスローモーション撮影可能、1,900 万画素のカメラを装備しています。データから見れば、iPhone 7よりよいが、具体的な撮影効果がどうなるかはまだ分かりません。しかし、アナリストの分析によりますと、このイメージセンサーがもしかして将来のiPhoneにも採用される可能性があります。

バッテリー容量につきましては、Xperia XZsは2,900mAh、iPhone 7は1,960mAhです。

最後、Xperia XZsはIP68 レベルの防水機能、iPhoneはIP67 レベルの防水機能を搭載しているが、噂に聞けば、今年の新しいiPhoneもIP68 レベルの防水機能を搭載するようです。これからIP68 レベルの防水機能は旗艦スマートフォンの標準配置になりそうです。

iPhoneの売上好調に対して、たくさんのスマートフォン会社は自社の製品がiPhoneを超越できることを望んでいます。では、Xperia XZsは本当にiPhoneに勝つことができるでしょうか。