iPhone 8は予定通り発売 初期は入手困難の恐れあり


日付: 2017.04.26
カテゴリ:

iPhone 8の噂が飛び交い、みんなはこの携帯電話に対する期待値もますます高まります。今新たな情報によると、iPhone8は9月に発表される予定だが、前期の供給量が少なく、おそらく入手し難い局面になるかと予測されます。

バークレイズ銀行の多くのアナリストは、iPhone 8は予定通りに9月に発表されるが、初期の供給量が限られ、第4四半期になってからやっと改善できると指摘します。

iPhone 8の初期産出が不足である主な原因は、制作技術があまりにも複雑のためです。また、アナリストは、Appleは9月に三種類の新しいiPhoneを発売し、もう二種類がiPhone 7/7 Plusの通常のアップグレードモデルと指摘します。

注目すべきのは、バークレイズ銀行の数人のアナリストが10週年記念モデルのiPhoneがiPhone8と命名されなく、iPhone Proと呼ばれる可能性が高いと思われます。その他二種類の新しいiPhoneはiPhone 7sとiPhone 7s Plusと呼ばれるかもしれません。

iPhone Proの配置について、現在は普通の言い方によれば、5.8インチのOLEDパネルが配置されるが、搭載可能な部分が約5. 2インチで、専門のエリアでTouch IDなどの機能が統合されます。

iPhone 8が水滴型デザインで、古典に敬意を表す。

韓国メディアのETNewsの報道によると、外形の設計上でiPhone 8がiPhone 4と完全に似ているのではなく、初代iPhoneに似た弧状「水滴型デザイン」を採用しました。主な特徴は携帯の裏の弧がより大きく、3次元のガラス材料を採用し、それをさらに初代のiPhoneの裏カバーの深度曲線に近くなります。

海外メディアweiboからの情報では、で「外観は基本的にiPhone 4+iPhone 6で、全画面スクリーンで、隠れ式金属フレーム、ガラスカバーに包まれる」と言います。

具体的に言えば、本体の大きさがiPhone 6とだいたい同じで、ガラスボディと高屏割合デザインを採用し、操作可能な表示領域が5.2インチぐらいで、本体週辺もなんのボタンがありません。