iOS 10.2.1にアップデートし脱獄を待つべき?それともiOS 10.2にダウングレード?


日付: 2017.05.27
カテゴリ:

毎回iOSが更新を発表する時、たくさんの脱獄ユーザーは悩みます。いますぐアップデートすべきか、それともアップデートしないで脱獄を待つのほうが良いでしょうか。iOS 10.2.1正式バージョンが発表された後、Luca Todesco氏はiOS 10.2対応の脱獄ツールオリジナルコードをオープンソースで公開し、ほかの開発者も脱獄ツールを作成しました。この状況はiOS 10.2.1がLuca脱獄ツールをブロックしたことに関わってみたいです。本記事は「アップデートすべきか、それともダウングレードすべきか」について述べます。

もちろんこの文章はただアドバイスを提供するにすぎない、最終決定権はユーザーの手の中にあります。以前にも「iOS脆弱性をアップデートして修復」に関する説明を読んで、脆弱性を修復するためデバイスをアップデートしたあと、脱獄できなくなったため不満なユーザーがあります。この件についての操作はすべて自己責任でお願いします。

昨年のbeta4テストバージョンが発表されて以来、Luca Todesco氏はまだ新しいYalu脱獄ツールを発表していないので、次の更新はより多くの対応デバイスをもたらすかもしれません。今、中国の開発者が既にLuca氏 から公開された脱獄ツールコードを基にしてiOS 10.0.1-10.2脱獄ツールを開発しました。

 

iOS 10.2.1或いはiOS 10.3 betaにアップデートすべきか


今の状況によると、Luca Todescoから公開されたiOS 10.2脱獄はiOS 10.2.1で使用できないことが判明した。だから、一刻も早く脱獄を体験したいユーザーは、デバイスをiOS 10.2(またはそれ以前)のバージョンに留まってください。もし既にアップデートした場合、iOS 10.2の認証が閉じられる前にiOS 10.2にダウングレードしてください。

 

iOS 9脱獄ユーザーがアップデートすべきか


iOS 9脱獄ユーザーにとって、安定な脱獄ツールが公開される前、iOS 10にアップデートしないほうがいいです。しかし、iOS 10脱獄ツールコードが公開された今、世界中の有能な開発者が同時に開発するので、これからの更新スピードは早くになるでしょう。iOS 10.2の認証が閉じられる前に、iOS 10.2デバイスのshsh2ファイルをバックアップすることをお勧めします。

shsh2をバックアップするのはなんの役に立ちますか?それはiOS 10.2認証が閉じられたとしても、iOS 9脱獄環境で直接にiOS 10.2バージョンにアップデートし、脱獄することもできます。もしその前はiOS 10.1.1をバックアップしたら、iOS 10.1.1或いはiOS 10.2にアップデートすることを自由に選択できます。

 

iOS 10.2脱獄対応


Luca Todesco氏が過去に発表した文章の中の分析によると、iOS 10脱獄の対応状況について下記の通りまとめました:

・A7~A9Xプロセッサ:iOS 10.0-10.2 の脱獄を対応
・A10プロセッサ:iOS 10.0-10.1.1の脱獄を対応

現在、A10プロセッサを使っているデバイスはiPhone 7とiPhone 7 Plusのみです、この二つの機種は最新のiOS 10.1.1以上の脱獄を対応できません。だから、簡単にそれをアップデートぜず、今のバージョンに止まることをお勧めです。ほかの64ビットデバイスは今後の脱獄ツールで対応できます。

 

32ビットの対応?


一部のデバイスがiOS 10にアップデートできないが、ほとんどの32ビットデバイスはiOS 10またはそれ以上のバージョンにアップデートできます。32ビットのデバイスが少ないので、今は32ビット専用の脱獄アプリを発表する情報はまたありません。それに、32ビットデバイスを脱獄したいなら、また新しいツールを作成しなければならないので、多数の脱獄アプリ開発は64ビットデバイスの脱獄に集中しています。

32ビットデバイスのリスト:
・iPhone 4s, iPhone 5, iPhone 5c
・iPod touch 5G
・iPad mini, iPad 2, iPad 3, iPad 4