watchOS 4:Apple Watchをより知能化にする


日付: 2017.06.06
カテゴリ:

6月6日、AppleはWWDC2017でwatchOS 4を正式発表した。残念ながら、前から期待される睡眠追跡の機能は追加されなかった。前回Watch OS 3の時は大量な新機能を追加したが、今回のwatchOS 4は主にSiriとアクティビティ機能を強化した。

まずはSiri。watchOS 4はSiriに新たな「Siri ウォッチフェイス」を追加。Appleによると、これからSiriは時間とユーザースケジュールによって、自動的に必要な情報を表示できる。Apple WacthにあるDigital Crownを回すことで、ユーザーはカレンダー・リマインダー・マップ・アクティビティ・アラーム・天気・Walletなどのアプリの関連情報を確認できる。

他に、「カレイドスコープ(万華鏡)」や「トイ・ストーリー」もwatchOS 4の新しいウォッチフェイスとして追加される。「カレイドスコープ」はユーザーお気に入りの画像の色によって、特別な形状を持つ万華鏡を生成できる。

「トイ・ストーリー」はトイストーリーシリーズキャラクターたち(ウッディ、ジェシー、バズ·ライトイヤー)が動く文字盤で、ウッディたちが歌う曲も聴けます。

そして今回のwatchOS 4の最も注目すべきところはアクティビティ機能の強化です。監督もしくは励ましがいないと、日常での鍛練を続くことは難しいかもしれない。しかし今回のwatchOS 4はユーザーの鍛練への積極性を維持できる。

例えば事前に設定した15分ランニングを目標を達成したら、Apple Watchはこれを記録し、花火などのお祝いメッセージも表示されます。そして今後もし今回の記録を超えたら、更なるご褒美をあります、これで鍛練する時はやる気も出やすいだろう。watchOS 4は新しいスイミングモードも追加。ユーザーが泳ぐ距離や時間・速度などを記録できます。

それからApple Watchの「Music」アプリも強化された。他のiOSデバイスから音楽をApple Watchに同期すれば、鍛練する時Airpodsもしくはイヤホンを付けば、お気に入りの曲を聴ける。

そしてBluetoothでトレーニングジムのマシーンとの連携も可能。Apple Watchはトレーニングマシーンとのデータ転送により、更に全面的に運動のデータを記録できる。この機能は「Gym Connect」の呼ばれ、現在の対応メーカーはLife Fitness・Cybex・SchwinnとStartrac StairMasterのみだが、今後は続々と追加すると思われる。

watchOS 4ではCore Bluetoothの対応も追加された。これでApple Watchと一部記録デバイスの連携はよりスムースに行える。こんなに知能的になったApple Watchは、ユーザーの生活をより健康的になれるだろう。

watchOS 4の正式公開は秋になるが、今は既にベータ版が公開された。しかしベータ版はまだテストの段階なので、不具合やバグがあるのもおかしくない。アップデートしたい方はよく考えてから行うほうがいいだろう。