iPhone XS/XS Max/XRの発売!2018Apple新製品発表会最新情報まとめ


日付: 2018.09.13
カテゴリ:

9月13日の朝、アップル2018年の発表会により、新型iPhoneのiPhone XS/XS Max/XRの登場が判明されました。三機種は共通の新機能を持ちながら、それぞれのメリットもあります。その詳細情報については次を参考にしてください。

 

一、iPhone XS/XS Max/XRの最新情報は?


今回の新品は2017年の新型iPhone「iPhone X」のデザインを受け継ぐ上で、クローバルグローバル向けのモデルがデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応します。デュアルSIMとはeSIMとnano SIMで、デュアルスタンバイとは2枚のSIMカードで同時に待ち受けが可能な機能です。

次から新型iPhoneの新機能について紹介します。

「iPhone XS」、「iPhone XS Max」
共通点と言えば、多くのiPhone Xの特徴を持ち、後継モデルと言えることです。デザインは受け継いだのだけではなく、OLEDディスプレイを採用し、iPhone XSのサイズもiPhone Xと同じサイズ(5.8インチ)になります。ちなみに、iPhone XS MaxのサイズはiPhoneシリーズの中でも大きいと言える6.5インチです。

iPhone XS 新型 新製品

もちろん、共通の特徴を持つと言っても、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」は「iPhone X」よりも先進的な機能を持っています。例えば、新世代のプロセッサーCPU「A12 Bionic」を搭載しましたので、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」のCPUは前世代「iPhone X」の「A11 Bionic」より処理性能が50%までスピードアップされました。

そのほかに、カメラは「iPhone X」より進化したデュアル1200万画素カメラを搭載し、広角(ワイドアングル)カメラレンズと望遠カメラレンズはいつもの光学式手ブレ補正機能を合わせて、写真をよりきれいに撮影します。HDRも新たなSmart HDRに進化して、明暗差の大きい被写体でもハッキリ撮れます。そして、ボケ効果と深度をコントロールできるポートレートモードも強化され、ポートレートで撮った写真のボケ量と被写界深度を調整できます。ビデオ撮影時のステレオ録音も注目される新機能です。

iPhone XS カメラ

もちろん、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」はCPUとカメラのほかにも様々な注目すべきな点があります。例えば、iPhone XよりiPhone XSのバッテリー駆動時間は30分、iPhone XS Maxは1時間30分まで伸びています。いつものバッテリー性能向上だけではなく、新型iPhoneとしてはARゲームへの対応も「iPhone X」より強化されたり、防水・防塵性能もiPhone Xより向上され、「iPhone X」のIP67からIP68(耐塵防浸形>耐塵水中形、水深2mで最大30分の耐水性>水深1mで最大30分の耐水性)に進化しました。ちなみに、今回のバッテリー急速充電機能は30分で最大50%充電可能です。

「iPhone XS Max」が大画面モデルとして、大きさも重さも「iPhone XS」よりすごくなりましたが、携帯の駆動時間、メディア再生時間、連続通話時間、ネットワーク利用時間などの最大限も向上されます。

iPhone XS スピードアップ

「iPhone XR」
それと比べて、同時に発表された「iPhone XR」は同じ「A12 Bionic」と進化したポートレートモード、強化されたバッテリー急速充電機能などを持ちますが、デザインから言うと前世代の「iPhone 8」に近く、性能というとバッテリーの駆動時間は「iPhone 8 Plus」よりも1.5時間伸びています。

カメラと言えば、6.1インチのHD液晶スクリーンで被写界深度を調整でき、1200万画素で光学式手ブレ補正機能を持ちますので、大体高性能とも言えます。でも、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」と異なってシングル構成のカメラレンズです。

iPhone XS ディスプレイ

二、iPhone XS/XS Max/XRの予約日、発売日と価格は?


現在、国内の三大キャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)は新型iPhoneの予約情報を公開しました。「iPhone XS」「iPhone XS Max」の予約時間は9月14日16時から、発売時間は9月21日以降です。そのほか、最新CPUを搭載した「iPhone XR」の予約時間は10月19日から、発売時間は10月26日以降です。出荷時のOSは言うまでもなくすべてiOS 12です。

アップル公式サイトによって日本での税抜き販売価格も公開されますので、次の情報を参考にしてください。「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は「iPhone X」より512GB版が追加されました。

「iPhone XS」
「iPhone XS」のストレージ容量は64GB、256GB、512GB三モデルになります。日本での販売価格(税別)と言えば、64GBモデルがは11万2800円で、256GBモデルは12万9800円で、512GBモデルは15万2800円です。

「iPhone XS Max」
「iPhone XS Max」のストレージ容量は64GB、256GB、512GBという3モデルになります。日本での販売価格(税別)が64GBモデルは12万4800円で、256GBモデルは14万1800円、512GBモデルは16万4800円です。

どちらでも11万円超えて高価なものです。アップルはいつも高級スマホを目指して新型iPhoneを高価格帯に位置をつけています。

「iPhone XR」
「iPhone XR」のストレージ容量は64GB、128GB、256GBの3種類です。その販売価格(税別)が64GBモデルは8万4800円、128GBモデルは9万800円で、256GBモデルは10万1800円です。

iPhone XS 価格

三、iPhone XS/XS Max/XRのデザインは?


「iPhone XS」と「iPhone XS Max」

iPhone XSのデザインは基本的にはiPhone Xとほぼ同じですが、画面解像度は2,436 x 1,125ピクセル(458ppi)です。「iPhone XS Max」は大画面モデルですので2,688 x 1,242ピクセル(458ppi)です。そして、今回のカラーは「スペースグレイ」、「シルバー」、「ゴールド」三種類あります。

色が多彩な「iPhone XR」

「iPhone XR」のメリットと言えば「PRODUCT RED」、「イエロー」、「ホワイト」、「コーラル」、「ブラック」、「ブルー」の6カラーバリエーションを持ちます。スクリーンサイズはiPhone 8 Plusよりも大きい6.1インチですが、画面解像度は1792 x 828で、iPhone 8 Plusより低いですがiPhone 8より高いです。

iPhone XR デザイン

四、iPhone XS/XS Max/XRのスペック情報は?


新型iPhoneのスペック情報は下図を参考にしてください。

iPhone XS Max XR スペック

五、新OS(「iOS 12」など)のリリース日は?


9月13日のアップル新製品発表会に、アップル新OSのリリース時間も新品と一緒に公開されました。

注目されるiOS 12とWatchOS 5のリリース日は9月18日で、新macOSのMojaveのリリース日は9月25日です。

iPhone iOS 12

六、新型Apple Watch「Series 4」の情報は?


今回のアップル新品発表会にApple Watchの新シリーズ「Series 4」も登場しました。新型Apple Watchはディスプレイが大きくなり、ケースも薄くなり、前よりも表示できる情報量がより多くなります。運動者向けのApple Watchは心拍センサーを強化させて、ユーザーの心拍数が異常になる場合に警告を発する機能が追加され、「ヘルスケア」も心電図を測定し、記録して分析する機能も搭載されましたので、運動中の健康状態を測定することには大変お役に立ちます。

「Apple Watch Series 4」の発売価格(税別)は45800円で、予約時間は2018年9月14日から、発売時間は9月21日以降です。

iPhone Apple Watch Series 4

七、結語


今年は新型のiPhoneが三種類発表され、どちらでも値段は前よりも高いですが、その性能も前世代よりも大変向上されました。ユーザーたちは本記事の紹介を参考にしながら、自分の考えを合わせて新品iPhoneを選択してみましょう。