アップル2019秋スペシャルイベント:iPhone 11・iPad・A13 Bionicの発表会


日付: 2019.09.11
カテゴリ:

 

 

発表会現場

 

1.iPhone

 

 

1.1新型iPhoneのラインナップと機能・仕様

新型iPhoneのサイズ

左から右へ順で行くとそれぞれはiPhone 11、iPhone 11 MaxとiPhone 11 Pro Maxです。ラインナップとしては去年とほぼ変わりないです。

機能・仕様について、詳しくは下の内容を確認してください。

 

・ディスプレイサイズ:5.8/6.5インチ

・OLED パネル:Super Retina HD

・極薄OLEDディスプレイパネル

・A13 Bionic チップ

・Face ID 2.0

・トリプルレンズカメラ

・Lightning コネクタ

・双方向ワイヤレス充電機能

・バッテリー容量増加

・Wi-Fi 6

・Bluetooth 5

・マットコーティング

・IP68(耐水防塵)

 

1.2 デザイン

 

以下の画像が2019年新型iPhoneの『最終選考』に選ばれたデザインになるでしょう。

カラフルなiPhone

iPhone 11

iPhone11

iPhone11 Pro

 

1.3新型iPhoneの三眼カメラ

 

 

iPhoneカメラの画質・機能向上のために、三眼カメラを採用することによって、以下の特徴は新型iPhoneが持つようになりました。

 

・視界の全景色が撮れる超広角レンズ

・光の少ない、暗い場所でも画質の向上ができる

・最大3倍の光学ズーム

・高い解像度による細部の高い描写力

 

 

 

2.iPad 第七世代

これからイベントに発表されたiPad第七世代のスペックは明確されました。今回発表されたiPadのディスプレイサイズは10.2インチにアップされて、800万画素のカメラを搭載するのようです。キーボードとApple Pencilの対応は改良されましたが、初代のApple Pencilしか対応できません。その他、2019年に発表する機種なのにA10を搭載するなんで、人々は買うのでしょうか。

新型iPad

 

3.A13チップ

 

A13 Bionicには二つの高性能メインコアが搭載され、基準スピードを20%アップの同時に電力消耗を30%低減されています。サブコアは四つも有し、同様にスピード20%アップ、電力消耗が40%低減されています。A13 BionicはiPhone 11全シリーズに搭載される予定です。

A13チップ

 

iOS 13:今秋提供予定!

 

 

最後にはソフトウェアに関心を持つ人々に、アップル社新たなiOSデバイス向けOS、即ち今秋提供する予定のiOS 13についての情報もついでに見てみましょう。

 

まずは対応機種ですね。今度のシステムアップデートは以下の機種に対応しています。

iPhone:iPhone6s以降

iPad: Air 2以降、 Proモデル、iPad 5世代以降、iPad mini 4以降

今回のアップデートは6s以降対応ができて、つまりseにも使えることのようです。

 

今秋になったら、iOS13が発表され、色んなな新機能が体験できるようになります。

目玉機能のダークモード、再設計されたデフォルトアプリ、新たなカメラ機能等は本当にを楽しみにしていますね。