LGスマートウオッチのレンダリング画像:Appleと似ている?

日付: 2017.02.28
カテゴリ:

近年、LGが自分の電子製品領域を少しずつ拡大しています。スマートウオッチの開発に十分な精力を投入した後、新型のAndroid Wear 2.0スマートウオッチが発表されそうです。注目すべきのは、今度の新型はGoogleと合作して開発されたことで、ユーザーも実機に大きな期待を持っています。

この前、数多くの噂で、LGがAndroid Wear 2.0のスマートウオッチを発表することが予想されました。また別の情報によると、当スマートウオッチがNexusシリーズという形式でGoogleと合作します。今回、リーク情報で有名なEvan BlassはLGがスマートウオッチを発表する情報を言った後、そのレンダリング画像も公開しました。画像で見れば、公開されたのはサイズが小さいLG Watch Styleで、全体の設計が女性向けとファッションの特徴を持っています。

円形のディスプレーと実体のシングルキーの設計から見れば、操作はタッチをメインにするようです。後ろにセンサーがなくて、標準ベルトの交換も対応できます。この前の情報によると、このスマートウオッチは360×360の1.2インチのディスプレー、512MBの容量と249mAh電池を搭載します。また、IP68という高いレベルの保護とブルートウース接続も対応できます。画像から見ると、外観設計には特くに目立つな所がなくて、単に旧機種のグレードアップのようです。

噂ではこのスマートウオッチは今年の2月19日に正式的に発表される予定ですが、果たして本当にLGとGoogleの合作が見られますか、今は期待しつつ待ちましょう。