2017年1月に、人工知能は34人の人間社員に取って代わる

日付: 2017.02.24
カテゴリ:

Quartz報道によると、富国生命保険は、2017年1月から、IBMの人工知能プラットフォームの Watson Explorerを導入し、医療保険などの給付金を査定する部署の人員を34人削減した。

人工知能が主に担当する仕事は病歴及びその他の関連ファイルをスキャンし、中から患者のカルテユーザー定性、病歴、治療形式などの情報を読み取り、また関連データを自動的に検索と計算して、保険賠償金額を最終的に決定する。

2億円のコストで配置し、毎年のメンテナンスに1500万円かかるWatson Explorerは、2015年度に13. 2万件の保険案を処理した。最後の賠償金額が人のスタッフで管理するが、その導入により処理効率を30%高めたので、人力が余剰になり、部門内30%の社員が2017年3月前まで退職することが命じられる。

富国生命保険はほか、日本は他に三つの保険会社も人工知能と人の仕事の結合を実施する:

日本最大の生命保険会社かんぽ生命保険(JapanPost Insurance)も2017年3月から人工知能を導入する予定;日本生命保険(ニッポンLife Insurance)も2016年12月から4000万件分の契約情報などに基づき、顧客に最適な保障内容などをAIが分析し、営業職員の参考にしてもらう実証実験を始めた。第一生命保険は前からすでにワトソンを使用した。

人工知能は人類の従業員を代替えし一部の情報整理やコンサルタント類の仕事をし始め、例えば上述のクレーム情報整理や顧客に法律提案を提出するが、これらは人間が取って代われることを意味するか?

以上の二つの仕事種類は、イギリスエコノミストIan Stewartが1700年代の自動化が人の仕事に対する影響に関する観察研究を連想させる:

実際これら科技からうける影響が大きいいくつかの産業、例えば医薬業界や管理顧問は、かえて職位が増えた、その原因は自動機械も人の監視が必要で、両者はまだ補完関係であるからだ。

たとえ富国生命保険が賠償請求処理材料の従業员を退職させても、最後に情報を監視検査をする職員を設置しなければならない。人工知能は人間仕事への影響は、「失業」より「職種変更」の方が多い。

ハーバードビジネス評論の総括により、自動化に代替えしやすい仕事のタイプは特定の共通点がある。明らかの繰り返し性の仕事がロボットに代替えされやすい他、「仕事内容は特定の手順で、判断も明らかにフォーマットデータに基づく」仕事は、オートメーションに代替される可能性が高い。

この変化の徴候も、人に対する警報だ。自身のスキルを「アップグレード」続けることこそ、人工知能の時代で仕事が取られないための一番有効の手段だ。