修理代が高すぎ!2016版のMacBookを分解してみた


日付: 2016.06.12
カテゴリ:

2016版のMacBookはアップル公式サイトに静かに更新されました。また元のデザインで、ローズゴールドの色を追加して、CPUを次世代のCore Mにアップしました。最近子デバイス分解サイトiFixitはローズゴールド色のMacBookを分解し、その内部の構造を皆さんに見せてあげます。

2016版のMacBook

2016版macbookの仕様

仕様:
スクリーン:12インチ 2304*1440(226PPI)IPスクリーン
CPU:Intel Core m3(デュアルコア、1.1 GHz) 最高の級別:Intel Core m7(デュアルコア、1. 3GHz)
GPU:Intel HD Graphics 515
メモリー:8GB 1866MHz LPDDR3
ストレージ:256GB/512GB PCI-E SSD
ネットワーク:802.11a/b/g/n/acワイヤレスLAN、ブルーツゥース4.0
接続端子:USB Type-C、3.5mmイヤホン

2016版macbookの接続端子

2016macbook機種番号

外観から見ると、2016版と2015版はほとんど同じで、外観から両者を区分けにくいです。両者の機種番号もA1534で、違うところは新型のEMC番号が2991、古いのは2746です。

金属骨组み

macbookのパート

MacBookのケースを分解した後、中の金属骨组みもピンクゴールドの色を気づきました。

赤い四角:ブロードコム BCM5976 タッチパッドコントローラ
オレンジ色の四角:STマイクロエレクトロニクス 32F103 ARM Cortex-M3
黄色の四角:International Rectifier IRFH3702 Nチャネル HEXFE

macbookのネジ

2016型MacBookは2015型の三角穴ネジをフィリップスネジに変わって、内部他のネジが通常のフィリップスヘクスローブ穴ネジを使います。ネジの下は青色の膠がありますので、ねじを外すことが難くになります。

USB Type-C接続端子

上(2016型 MacBook USB Type-C接続端子)
下(2015型 MacBook USB Type-C接続端子)

2016型MacBookのUSB接続端子のケーブルはプラスチックでUSBサーキットボードに固定され、二つのパートを一つのサーキットボードに置きました。2015型のは分かれてます。

赤色の四角:Parade Technologies PS8741A USB Type-C接続端子

両者のUSB Type-Cの構造は異なるので、通用できません。

macbookのバッテリー

両者バッテリーの規格は同じとしても、新型のバッテリー容量が古い型の7.55V 39.71Wh を7.56V 41.41Whにアップされました、連続に11時間のiTunes映画を再生することができるという。

マザーボードの裏面

マザーボードの裏面

赤色の四角:Intel Core m3-6Y30 CPU(デュアルコア 1.1GHz 最速2.2GHz)

オレンジ色の四角:TOSHIBA TH58TFT0DFKLAVF 128GB MLC ストレージ

黄色の四角:Micron MT41K256M16LY-107 4GB DDR3L SDRAM

緑色の四角:Universal Scientific Industrial 339S0250 Wi-Fiパート

水色の四角:ブロードコム BCM15700A2

ブルー色の四角:National Semiconductor 48B1-11

パープル色の四角:F4432ACPE-GD-F(下はSSDコントローラ)

マザーボードの正面

マザーボードの正面

赤色の四角:TOSHIBA TH58TFT0DFKLAVF 128GB MLC ストレージ

オレンジ色の四角:SAMSUNG K3QF4F4 4GB(X2) LPDDR3 RAM

黄色の四角:アップル 338S00066(2015型の次世代そうです)

緑色の四角:Stellaris LM4FS1EH SMC コントローラ

水色の四角:SMSC 1704-2 温度センサー

ブルー色の四角:Stellaris SN650839 TPS51980A CD3215B01

パープル色の四角:Intersil TPS51980A

修理コスト

最後、iFixitは1点の修理点数を付けました。すなわち、2016型MacBookの修理コストは高く、一度分解したら復元は難しいです。

新型のMacBookは三角穴ネジをフィリップスネジに変わって、CPU、メモリー、ストレージが依然マザーボードと溶接されました。バッテリーは接着剤でマザーボードと固定れされたから、簡単には取れません。スクリーンは依然として保護用のガラスがないので、スクリーンが壊したら、修理代が結構高いです。