サムスンS8/S8Plusの確かなサイズの紹介

日付: 2017.01.26
カテゴリ:

最新のニュースによると、今年2月にバルセロナで開催される「モバイル·ワールド·コングレス(MWC)」で、韓国サムスン電子が新型スマホGalaxy S8を発表するつもりです。これから、この新型スマホのサイズを一緒に了解しましょう。

Galaxy S8に関して、色々の情報写真の後、やっと確かなサイズを迎えてきた。やっぱりGalaxy S8とGalaxy S8Plusという二つのタイプがあります。

S8のサイズは140.14×72.20×7.30㎜で、S7よりもっと短くて、もっと薄いが、幅が少し広いです。初歩の推測によると、液晶ディスプレイ(黄色い区域)は5.7インチですが、デュアルカーブが採用されるので、実際にもっと大きく見えます。

S8Plusのサイズは152.38×78.51×7.94㎜で、S7Edgeよりもっと長くて、もっと広くなりました。推測のディスプレイは6.3インチ或いはもう少し大きいサイズです。

この前の5.7と6.2インチの噂にも大体合っています。
サイズ写真で見れば、S8、S8Plusのディスプレイがすごく大きいで、左右の額縁がほとんど見えないです。特に実機のHomeキーが取り消された後、上と下の部分も随分狭くに見えます。

また、側面の写真で、後ろのカメラが外に突き出る部分がとても薄いです。これは良い設計ですが、電池の詰め込みに影響があるかもしれません。Note7爆発事故の原因で、サムスンは電池密度と容量の面できっと保守になります。

不思議なのは、このスマホの底にUSB Type-Cインターフェイスではなくて、microUSBが設置されました。こういう流行に逆らう設計までもS7/S7Edgeから受け継ぐつもりだろうか。