ご注目!Apple Watchの電池作動時間を延長する五個の小テク

日付: 2015.06.05
カテゴリ:

Apple Watchが発売され以来、ずっと高い人気を持ち、いろんな方に愛用されています。でも最大の欠点である電池の持続時間の短さは未だ解決されていません。うわさではAppleはWWDC2015で新しいアプリを発表してApple Watchの電池時間を延長し、動作もさらにスムースになる。でもAppleの更新を待つより、日常の使用中に少し注意して、小テク等を使えば、もっと簡単にApple Watchの続行時間を延長できます。

Apple Watch
1、暗色系のユーザーインタフェースを使う
Apple WatchはOLED材質のディスプレイを使用しています。こはつまりスクリーン上、黒色の要素が多いほど、電池の消耗は少なくになります。だからスクリーンに暗色系のところが多くなれば、相応的に電池の作動時間は長くなります。これは一定程度の美観を犠牲するかもしれませんが、Apple Watchの作動時間が延長できれば、やる価値はあると思います。

2、Taptic Engineの振動フィードバック機能をオフ
Apple Watchの振動機能はとある電気を使うパーツによって実行するもの。だから節電のため、できればTaptic Engineの振動機能を消すべき。「マイウォッチ」→「サウンドと触覚」の順でタップすれば、その中に振動の強度を下げる或いは振動機能を停止できます。

3、不必要なGlance画面を削除
Glanceを通じてiPhoneのいろんな情報を見れますが、もしあなたが使っているアプリの中にGlanceを応用できる、でもあまり使っていないアプリがあれば、それらを削除しましょう。節電できますし、興味のない情報も見れずに済むです。

4、動画エフェクトを消す
iOS7と同じ、Apple Watch OSにも視覚体験を上がるための動画エフェクトがあります。でもこれらも電池に負担をかけますので、設定の中でこの機能を調整することをお勧めです。

5、透明効果を消す
透明効果もApple Watchの一つ視覚的のデザイン。綺麗に見えますが、実はこの機能の電量消費は結構激し、だから電池の作動時間を延長したいなら、設定画面でこの機能を停止できます。