太陽エネルギーみたいに、Wi-Fiを使ってiPhoneに充電できる?

日付: 2015.06.06
カテゴリ:

iPhoneに充電したい時、ごちゃごちゃになった電源ケーブルにイラつくことありますか?そんな方に朗報です。もしあなたの家にWi-Fiがあるのなら、近い将来にごちゃごちゃの電源ケーブルを使わなくても、iPhoneに充電出来るかもしれません、Wi-Fiがあれば十分です。

アメリカシアトルの研究者は、皆様の周りにあるWi-Fi信号を使ってスマホなどの設備に充電する技術を開発中。彼らは六つの実験家庭に改良されたら電子機器と無線ルーターを置きました。24時間内、この機器はルーターからの信号を使って充電します。もちろんこの間、無線ルーターの一番重要な機能、無線ネットを提供することも、問題なしで行っています。ソーラーパネルが光エネルギーを電気エネルギーに変換するように、この実験中の「ソーラーパネル」は整流器というパーツです。ルーターから発した無線信号は、整流器によって直流電圧に変換され、更に直流変換器を通じて電圧を充電できる程度までに上げます。

このシステムは実行可能と証明されました。しかし、実際に応用するには、いかに無線ルーターを持続的に充分なエネルギーを提供する事が難点です。何せ無線信号は、ウェブサイトの閲覧などの時しか活躍しません。もしネットが使われていない時、無線信号は転送されませんし、充電もできません。

でもこれでアメリカのギークともが諦めると思うなら大間違いです、彼らは新しいソフトを開発しました。このソフトは誰もネットを使わない時に自動的に無意味データを転送する事ができます。これで無線信号は持続され、充電する事ができます。

だが新しい発明品が誕生する前には、常に多くの問題が現れます。信号の持続性について解決策があったとしても、信号の強度問題も解決しないと、この技術を応用できません。今、アメリカを含めて多くの国が、無線信号の効率を1ワット以下に限定しています。でも、iPhoneに充電するには、少なくとも5ワット以上が必要です。こんなんでどうやって充電するのか?

Wi-Fi

心配する必要がありません、アメリカにすごい技術者がいっばいいます。Ossiaと言う会社が最近「Cota」と名付けられたシステムが発表されました。これは一種の無線ネットワークハブとして設計され、これを使って通信信号を送信せずに無線ネットワークの周波数で電波を転送する事ができます。Cotaの効率は20ワットに到達できますが、一機の携帯に対しては1ワットしか提供できます。もし持続的の信号があれば、Cotaは一日中無数回iPhoneに充電出来ます。

英国ロンドンにいるコンサルティング会社Navigant、そのIT基礎施設研究員エリック・ウッド氏によると、未来の都市や知能家庭の中にあるセンサーはこの技術を必要だと、無線ネットワークが動したセンサーで空気の質それから都市全体の状態等を検測できると思われます。「今まで電池の問題で留まったこれらの技術の探索はこれにより一つの障害を失くした」ということです。

将来なら、無線ネットワークでご飯を作る・服を洗濯・家の掃除などを行うことも、夢じゃないかもしれませんね!