ご注目!iPhoneを使ってる時の9個悪いクセ!

日付: 2015.09.16
カテゴリ:

iPhoneを使ってる時の9個悪いクセ

今時最も流行ってるスマホと言えば、おそらくそれはiPhoneでしょう。前日、機能が大幅に上がった最新機種、iPhone 6sも公開され、今後iPhoneユーザーはますます増えるでしょう。しかし、皆様は普段iPhoneを使用するときの一部のクセが、実は悪い癖だったかもしれません。今日はよくあるiPhoneを使っている時のいくつの悪い癖を皆様に説明します。

1、電源を切らない
iPhone電池の持ち時間が短くになった気がありますか?電源を切らないことが原因かもしれません。研究によると、一週間内は少なくともiPhoneの電源を一回切る方がいいと思われます。でないとiPhoneの電池にダメージを与えることになります。

2、ずっとWifiとBluetoothをオンにする
もしずっとWifiとBluetoothをオンにすると、電池は大きく消耗されます。たとえ周りがWifi信号がなくても、ずっと信号を捜索続けるので、もし必要がない時は、この二つの機能をオフにしましょう。電池の消耗が遅くになり、寿命も伸ばせます。

3、極端的な天気でiPhoneを使う
iPhoneは極端的な天気が苦手です。データによると、0度以下もしくは35度以上の環境でiPhoneを使うと、電池に大きな損害があります。だからもしこんな気温の環境に居たら、iPhoneの電源を切ることをお勧めします。それができなくても、せめて鞄やポケットに入れましょう。

4、徹夜で充電する
よる寝る前にiPhoneを充電器に繋げ、朝になったら電池が100%になった、便利そうに見えますね。しかし充電時間が長すぎると、iPhoneの電池にダメージを与えます。だからもしできれば、iPhoneの充電が完了後、充電器を抜きましょう。

5、電池が0%になるまでiPhoneを使う
充電設備専門会社Farbe Technikの創始者、Shane Broesky氏によると、iPhoneが採用したリチウムイオン電池の一番いい状態は50%から80%までです。Apple社からも、電池が完全に尽きると、電池は過放電状態になり、電池を大きく損害します。

6、非公式の充電器を使う
Apple公式承認の充電器とケーブルは値段が少し高いかもしれませんが、これ以外の非公式充電設備はお勧めできません。もし品質が悪い充電器を使ったら、iPhoneに損害を与え、更に火事や爆発が起こる可能性もあります。

7、スクリーンとカバーを清潔にしない
よく使われるiPhoneは皆様の想像より汚い。研究によると、同じ面積で比べると、iPhone上に残る細菌の量は便座カバーやペットの食器より多い。それからケーブルやイヤホーンの接続口もゴミが溜まりやすいので、時々掃除するほうがいいです。

8、パスコードを使っていない
Apple社公式のデータによると、未だにほぼ半分のiPhoneユーザーはパスコードを設定していない。万が一iPhoneが盗難に遭ったら、個人情報はすぐに流出されるかもしれません。個人情報を守るため、パスコードを設定するのは一番簡単かつ有効な方法です。

9、iPhoneを手持ちながら歩く
iPhoneを手で持ちながら街に歩くのは実際危険な行為です。アメリカのデータによると、盗難事件中の40%以上は携帯に関わています。更にiPhoneは今時一番人気な機種と言っても過言ではありません。安全のため、外を歩いていた時は出来るだけiPhoneを出さない方がいいですね。

以上はiPhoneユーザー中によくあるいくつの悪いクセを紹介しました。もし今後これらを注意してiPhoneを使えば、iPhone本体や電池の寿命が伸ばし、ユーザーの個人情報などもより安全に保護できます。より快適にiPhoneを楽しめますね!皆様も試してみるのはどうですか?