AppleがGPS会社を買収!一連の動きに何か繋がりがあるのか?


日付: 2015.06.01
カテゴリ:

前日、Apple社がGPS企業のCoherent Navigationを買収したことが判明しました。今回の買収、それから少し前のApple Watchの販売や自動カー開発、Apple社近頃のこれらの動きをまとめて見ると、何か大きな目的が見えるようになります。

2008年で設立されたCoherent NavigationはGPSを使ったナビゲーションサービスを開発する会社です。Coherent Navigationは非常な高精度のナビを提供することで有名。例えば一般標準のナビでは3~5メートル程度の誤差だったが、でもCoherent Navigationのナビは更なるの精度を持ち、より正確の位置情報を提供できます。
GPS
AppleとCoherent Navigationも今回買収の目的について詳しく話していませんが、業界ではApple WatchとAppleが開発中の自動カーにあわせて、地図アプリなどのナビゲーションの精度を上げるためだと見える。特に自動カーについて地図機能は必須なので、この機能を強化するため、今回の買収は必要たと思われています。

Appleのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長を務めるジョナサン・アイブ氏は生粋の車好きで、そして亡くなったAppleの創設者スティーブ・ジョブズ氏も生前「車をデザインすることを夢見ていた」と言ったことあります。だから近頃Appleの取り組みが全ては、ジョブズの夢でありAppleプロジェクトの最終段階である「AppleCar」あるいは「iCar」への布石だと考えられています。