電源が切られてもiPhoneを見つけ出す?Appleの「iPhoneを探す」機能が近いうちにパワーアップされる

日付: 2015.06.03
カテゴリ:

Apple社のiPhoneにある「iPhoneを探す」機能はユーザーのiPhoneが失くした時に探し出すための機能です。でももしiPhoneが盗みされた場合、賊がiPhoneの電源を切ったら、この機能は無効となります。しかし、Apple社が最近提出したとある新特許によると、将来「iPhoneを探す」は切った後にも作動し続ける機能を追加する予定です。
Appleはすでに米国特許商標庁からこの特許を授けられました、iPhoneはこれにより「電源が切られたのように見える(スリープモードに近い状態)」になっても、見つけることができます。

iPhoneを探す

もちろん、この機能はプライベート意識高いのユーザーからの反対を呼ぶでしょう、でもこの機能は同時ユーサーにiPhoneの電源を完全に切る操作を提供します--正しいパスワードを入力すること。もしパスワードが間違ったら、iPhoneは「追跡できるのスリープモード」に入ります。このモードではiPhoneが電源を切ったように見えますが、実際は追跡することができます。

それだけではありません。Appleのこの特許は「スリープモードでカメラの遠隔操作すること」もできます。つまりもしiPhoneが盗まれた時、正しいパスワードを入力されず電源を切った場合、この機能で犯人の写真を撮ることが可能です、ユーザーはこれにより自分のiPhoneを盗んだ犯人の正体を知ることが出来ます。

今回のファイルによると、iPhoneは定期的に電池状況を推測し、所在位置も外へ転送します。無論、この機能はユーザーの完全許可が必要です、でないとユーさーのプライベート情報を漏らす危険があります。

英国のインデペンデント紙によると、現在スマホ窃盗事件の発生率は追跡機能や他の安全措置によって既に半分くらい下がりました。今回のAppleのパワーアップは、これをさらに下げれると見られています。