iPhone 7は3.5mmのイヤホン端子をライトニングコネクターに変換可能

日付: 2015.12.15
カテゴリ:
Macお宝鑑定団Blogの情報では、信頼できる情報筋から、アップル社は来年発売予定のiPhone 7を薄型化するため、3.5mmのイヤホン端子を廃除し、代わりにライトニングコネクターを使用するとのことです。この調整は次世代のiPhoneの厚さを1mm薄くなります。また、iPhone 7 がEarPodsと接続できるため、アップル社はDAC(デジタルアナログ変換回路)のコネクターを提供するらしいです。たとえアップル社がそれをしなくても、ほかの部品のメーカーもきっとこういった製品作るでしょう。
iPhone 7は3.5mmのイヤホン端子を廃除
スマホの時代が始まった以来、メーカーたちはより薄くて軽い製品をもとめています。ですが、一番の難題は3.5mmのイヤホン端子です。どれほどうすくなっても、3.5mmのイヤホン端子が必要です。もしアップル社が次世代のiPhoneでこの難題を解決しようと思うなら、3.5mmのイヤホン端子を廃除しなければなりません。しかし廃除するとなれば、それなりの対策が必要とされます。これもアップル社が最近アメリカのオーディオ機器会社ビーツ・エレクトロニクス買収した主な原因かもしれません。アップル社はビーツ・エレクトロニクスと協力して、ビーツの影響力でオーディオ業界に革新をもたらそうとしていると思われています。もちろん、次世代のEarPodが無線製品になれるように、アップル社はブルートゥース4.1を使用する、低消費電力の無線技術を開発するなどの視点から色々試すかもしれません。また、現在ライトニングコネクターのイヤホンも販売されているので、アップル社もライトニング端子を新しいオーディオ規格にする可能性もあります。