2018以降のiPhoneはOLEDディスプレイを採用?

日付: 2015.12.03
カテゴリ:
2018年からiPhoneでOLEDディスプレイを採用
最近、Appleは2018年からiPhoneでOLEDディスプレイを採用する情報が流出されました。OLEDディスプレイはLCDより曲がりやすいですが、画面の表現と省電力等の方面では優勢があります。日本経済新聞の報道によると、Appleの既にこの計画をサプライヤーに通達しました、三年後のiPhoneはOLEDディスプレイを採用する予定のようです。サプライヤーの一つ、LG Displayはこれにより、韓国の坡州に42億ドル(約5,040億円)に掛かる新たなOLEDディスプレイの生産工場を建設する予定という情報もあります。現在のApple Watchは既にOLEDディスプレイを採用しています、そのディスプレイのサプライヤーはまさにこのLG Displayです。しかしLG Displayの産能が不足なため、三年後にも、全てのiPhoneにOLEDディスプレイを採用するには無理だと思われています。MacbookのRetinaディスプレイモデルのように、一部のiPhoneでしかOLEDディスプレイを採用する可能性が高いです。そうなると、恐らくOLEDモデルと通常のモデルの価格も異なります。しかし更に時間が経つと、いずれ全てのiPhoneにOLEDディスプレイを採用すると考えられています。