クレディ・スイス:アップル社は来年4インチのiPhone 6cを発表


日付: 2015.12.02
カテゴリ:
クレディ・スイスが最近発表した分析報告書では、アップル社は廉価版iPhoneを発売すると予測しました。報道によると、この製品はiPhone 5cのような4インチのサイズになるそうです。
iPhone 6c
アップル社が九月にiPhone 6s/iPhone 6s Plusを発表する前、iPhone 5cの続きになるモデルiPhone 6cを発表するとの情報がありました。しかしiPhone 6cは最後までアップル社の発表会に披露されなかったので、iPhone 6cというモデルは最初からありえない、アップル社はもう小型のiPhoneを発売しないといわれています。でも、クレディ・スイスのアナリストKulbinder Karcha及び彼の所属するチームはそうとは思っていません。アップル社は新型の4インチiPhoneを、iPhone 5cを基づいてアップデートし、iPhone 6cに名乗る可能性もあると彼らは考えています。クレディ・スイスの発表した報告書では、今回の廉価版iPhoneは以前の5cと状況がが違うと指摘されています。iPhone 5cが比較的に失敗したのに、今更アップル社が同じ小型の廉価版iPhone を発売しても、果たしてどんなメリットがあるのでしょうか。まだiPhone 6cの発売は予期されていないが、Force Touch機能の搭載しない4インチのiPhoneは明らかにアップル社現在の新製品と違って、アップル社の営業額とESPに有益だと、考えられています。もしアップル社が2016でこの新型iPhoneを発売することになったら、アップル社の2017のESPに約0.62ドルの成長をもたらし、iPhone営業額も長期的に上昇できると考えらています。

アップル社は通常毎年の九月に新製品を発表します。来年の新製品はiPhone 7とiPhone 7 Plusそうです。2013年の時、アップル社はiPhone 5cとiPhone 5sを発表したので、iPhone 6cはiPhone 7と一緒には発表するかもしれません。

アナリストKulbinder Karchaはこのように考えています:新型の4インチモデルはアップル社今の製品ラインにプラス面があり、アップルはこの4インチのモデルに他の機能を追加するかもしれません。例えばもっと性能の高いカメラ、Force TouchとTouch IDなど。また、今の4.7インチと5.5インチのiPhoneと比べて、4インチの新型は今の製品ラインに有益な補充にもなります。予想価額が400ドルと500ドルの間のiPhone 6cは、トップクラスの製品と区別され、お互いの影響を最小限にさせることができます。