部屋を飾ってクリスマスを過ごす!クリスマス飾りを手作りする時の注意点とアイディア


日付: 2017.11.29
カテゴリ:
12月になると、クリスマスの準備も始まります。クリスマスツリー、クリスマスリース、トナカイやサンタクロースのぬいぐるみ、または様々なクリスマスボールとベル…クリスマスが近づいてくると、クリスマスの飾りが周りに一々登場して、町中にもクリスマスの雰囲気が徐々に盛り上げるようになります。

その時、「うちの中にも何か準備しなければ」と考えて、クリスマス時期の雰囲気を楽しみたい方もいるでしょうか。特にクリスマスパーティーを起こしたい場合、クリスマスオーナメントの飾り付けはパーティーを盛り上げるために欠かせない重要な手段だとも言えます。

パーティーを開く気がなくても、もしクリスマス期間に平日と違う気分で過ごしたいなら、ワクワクしてクリスマスの飾り物を選択してうちを飾り付けることができます。また、それをきっかけにして、自分でクリスマスの飾り物を手作りすることも楽しいです。飾り物を作ることは、最初から子供だけで遊ぶことではない、自分のユニークさとスタイルが出るクリスマス飾りを作って、冬の祭りの気分を味わって満足しましょう!

クリスマス 飾り

手作りと市販のクリスマスの飾り付けについて

飾りを作るためには、特別な材料が必要ですか?飾りを手作りしたい人にとって一番困っている問題かもしれません。上質な素材を利用しなければ、市販のクリスマスオーナメントとは全く敵わないではありませんか?

実は、手作りの飾りと市販の飾り、その評価の基準は全然異なるとも言えます。市販のクリスマス飾りは、お客様たちに購入されるためには、できるだけ世間に好まれる素材を利用して、素敵ですが個性が出ないタイプが多いです。その反面、手作りの飾りは、市販のものより自分の気持ちやアイディアを入れて、自由な発想で作り出されたもので、製作者の想像力を強調して個性が光る作品とも言えます。

あなたが上手なテクニークを身に付けて、作る飾りに心を込めて真面目に扱ったら、市販のクリスマス飾りを超えた個性派の作品を作り出す可能性もあります。

飾り付け クリスマス

クリスマス飾りを手作りする時の注意点とアイディア

一.身近にある素材をうまく利用する
クリスマス飾りを手作るために、百円ショップから安価の素材を購入する人が多いでしょう。でも、飾りの素材はわざと購入するものではなく、自分の周りにある材料を探し出して飾りを作ることも可能です。落ち葉とか、紙とか、ブックマークとか、ステッカーとか、シンプルな素材ですが、クリスマス飾りを作る時には多分役に立てます。今までは周りから材料を発見する習慣がなければ、何かを見かけた時、「これでどんな飾り物を作れるか」と考えて、自由に発想してください。手作りのものと言えば、想像力が一番大切です。

二.市販の飾りからインスピレーションを得る

手作りの飾りは市販のとほぼ同じならくだらないですが、市販の飾りのデザインや材料を参考にして、自分の作りたい飾りを想像することはオススメです。今販売されているクリスマス飾りやクリスマスプレゼントは、長年にお客様たちの目を集めて、多年の経験を積み重ねた商品とも言えます。そのため、伝統的なイメージが強くて、スタイルは多種多様、あなたがお好みのタイプもあるはずです。自分が一体何を作りたいのですか?既存のクリスマス飾りの中ではあなたの想像がつかないタイプもあるかもしれないから、インスピレーションを受けるためには無視してはいけません。

三.クリスマスというモチーフが重要
今は飾り物を簡単に作れる方法がいっぱい有りますので、手作りする時、参考記事を探しても問題ではありません。しかし、手作りする間には、「クリスマス・飾り」というポイントは絶対忘れないでください。つまり、他人がその飾りを見ると、「クリスマス」というテーマを身にしみて感じられますか?ハロヴィンと言えばかぼちゃ、幽霊、魔女、吸血鬼、狼人など、クリスマスと言えばサンタクロース、トナカイ、リース、クリスマスツリーなどです。もちろん、優れたクリスマス飾りを作るためには、クリスマスという祭りの起源と伝統文化についてうまく理解しないといけません。どんなに自由に発想しても、クリスマスというイメージからはずれてはいけません。

クリスマス デコレーション

クリスマス飾りで飾り付ける前の準備
飾りを作る前には、飾りのデザイン、模様、スタイル、色つけ、製作の手順について考えておくべきです。そして、手作りしたクリスマス飾りは、家や会社、学校などの場所で飾る付けますので、手作りが終わった後、完成品をどこに飾り付ければいいかについても考えておく方が賢明です。クリスマスの雰囲気が満ち溢れる「冬の祭り」を開催する前に、できるだけ、必要な飾りの数量、種類、飾り付ける位置などを一々計画して、きちんと祭りの準備をしましょう。