クリスマスパーティーに楽しめるゲームおすすめ


日付: 2017.11.24
カテゴリ:
クリスマスになると、子ども会や保育園では様々なクリスマスパーティーを行っています。多くのこどもたちはクリスマスパーティーから子供向けのクリスマスプレゼントをもらったことに喜んでいます。子供ではなくても学校や会社のクリスマスパーティーに参加する場合があるでしょう。その時、パーティーの雰囲気を盛り上げるためには「パーティーゲーム」が必要です。

パーティーゲームは日常のゲームと異なり、予算に応じてきちんと準備すべきです。大人数を持ち、男女混合、年齢もバラバラの人たちで行われたものですので、面倒くさいゲームルールの紹介が不要で、誰でも遊べるわかりやすさが大切です。そして、簡単な遊ぶ材料・おもしろい景品・罰ゲームを準備する事もしなければなりません。

わかりやすさを考えると、誰でも経験した事がある、昔からある懐かしいゲームを選ぶほうがいいですので、今回は皆様におクリスマスパーティーの定番ゲームをまとめて紹介します。

クリスマス会 ゲーム

おすすめのクリスマス会ゲーム

宝探しゲーム
トップでやっているゲームはやはり「プレゼント探し」のほうがいいです。お菓子などの景品を部屋に隠してから、人達にプレゼントを探させるだけです。簡単ですが人達がほとんど景品がもらえるゲームですので楽しめます。

クリスマスパーティーで行われたゲームですから、クリスマスに関わるプレゼントを準備することでクリスマスの雰囲気を出してもいいです。

チームに分けた場合、チームによって人たちにプレゼントを交換することでイベントを盛り上げる事が可能です。

◯×ゲーム
主催者がクイズを出してから、参加者たちに◯と×を決めて移動させる定番ゲームです。そのゲームをする前には会場のコーナーをゲーム用の◯と×に区切る必要があります。

でも、一年生と六年生の子どもが一緒にパーティーに参加する場合には知識の不公平さが出る可能性があり、アニメやドラマに関わるクイズを出す場合、テレビを見せない子どもにも不公平になりますので、幼稚園や学校の先生とか、食べ物とか、常識とか、簡単なクイズを出すほうがいいです。
不公平さが出ないために、子どもたちにグループで話し合ってから◯と×を選択させることもいいです。

伝言ゲーム

伝言ゲーム
パーティーの参加者はチームに分けてから、チームのメンバーが最初の人から最後まである伝言を伝えていくゲームです。最後の人は最初の人と同じ伝言を出すチームは勝ちです。

伝言の内容と言えば、伝え間違いやすい言葉を選択するほうがいいです。難しい長文や聞き間違いやすいおもしろい言葉ならば、伝言を伝える途中で文章の意味が変わってしまったら、チーム自身だけではなく、パーティーの全員が楽しめる事ができます。

山手線ゲーム・古今東西ゲーム
1つのテーマを決めてから、参加者はそのテームに沿って順番に答えていくゲームです。一度答えたものは二度と答えとして利用される事はできません。そして、テーマは正誤の判定がやすいものにするほうがいいです。答えが間違ったり、答えができなくなったり、同じ答えを再び答えてしまったりする人には罰ゲームを行います。

テーマとして、「世界の国の名前」や「山手線の駅名」や「果物の名前」などがよく利用されています。

じゃんけん

じゃんけんゲーム
簡単なじゃんけんをめぐって様々なゲームができます。
一般的には、参加者に3枚ぐらいの紙を与えてからゲームを始めます。参加者はじゃんけんしてから、敗者が勝者に自分の紙を渡します。制限時間以内で持つ紙が一番多い人が勝つことです。もちろん、じゃんけんしてから、負けた人は勝った人の後ろに付いていく「じゃんけん列車」も子どもにはおもしろいです。

クリスマス料理

クリスマスパーティーの料理も大切!
パーティーゲームタイムが終了したら、食事会を始めるパーティーも多いです。そのため、クリスマスのパーティーを準備する場合、パーティーの料理を用意することも大切です。直接購入してもいいですが、おいしいクリスマス定番料理の作り方を身につけて、クリスマス期間中に、作ってみてクリスマスの雰囲気を感じる事も幸せです。