サンタクロスのトナカイ!赤鼻のルドルフの誕生


日付: 2017.11.27
カテゴリ:

クリスマスイブの夜になると、サンタクロスはトナカイの引いたソリを乗りながら、クリスマスの間に子供達にプレゼントを送ってきます。夜の空を越えたサンタクロスとトナカイの姿はクリスマスのイブのイメージです。サンタクロスは言うべきなく、クリスマスの主人公ですが、トプレゼントを乗せて運ぶソリを引くナカイも欠かせない存在です。

サンタクロスのトナカイの中で、一番人気なのは、真っ赤なお鼻の持ち主・ルドルフです。「赤鼻のトナカイ」というクリスマスの主題歌により、ルドルフはサンタクロスのトナカイの主導役としてクリスマス関連作品に活躍しています。でも、赤鼻のルドルフは実際「赤鼻のトナカイ」という歌の中だけ存在しているキャラクターです。最初のサンタクロスのトナカイ・チームには赤鼻のトナカイがいません。

つまり、赤鼻のおかげで、ルドルフは新登場人物なのに、人気は旧キャラより高いです。では、こんなに人気があるルドルフはどうして生まれた来たのですか?あれは、サンタクロスのトナカイ達の由来から言わなければいけません。

サンタ トナカイ

なぜサンタクロスはトナカイの引いたソリに乗ってきますか?

サンタクロスの由来と言えば、「聖ニコラウス」というおじさんです。昔、貧しい人たちの家にやってきて、お金や食料などで貧乏な人を助ける男性と言われます。

聖ニコラウスは実在した人間かどうか現在はわかりませんが、その姿は絵本に書かれた時、「子供の友達」のサンタクロスになって、子供達にプレゼントを送る存在になります。

最初には一頭だけのトナカイでプレゼントを運びますが、最後には、「サンタクロスが八頭のトナカイにソリを轢かせる」という設定まで発展しました。運び方もただ道にプレゼントを運ぶソリを引くことだけではなく、夜の空を飛んでくるように設定されました。

19世紀(1823年)のサンタクロスのトナカイ達の姿を描く有名な詩「サンタクロースがきた」(別題『クリスマスの前の晩』)により、サンタクロスと8頭のトナカイがいます。

トナカイ達の名前:
Dasher(ダッシャ-)
Dancer(ダンサー)
Prancer(プランサー)
Vixen(ヴィクセン)
Donder(ドンダ-)
Blitzen(ブリッツェン)
Cupid(キューピッド)
Comet(コメット)

トナカイたちの順番も以上の通りにちゃんと決められています。
先頭はダッシャ-で、最後はコメットの順番です。

その時、第9頭の赤鼻のルドルフはまだ誕生していません。

トナカイ クリスマス

赤鼻のトナカイ・ルドルフの誕生秘話

ルドルフの誕生は20世紀(1939年)のお話です。
ルドルフの「父親」はシカゴの通信販売会社モンゴメリー・ウォードに働いている会社員ロバート・メイ(Robert L. May)です。

1936年のアメリカシカゴは1929年のブラック・マンデーにより、不景気が続いています。、ロバート・メイの両親は1929年で財産を失って、メイも金融恐慌のせいで会社員の少ない給料で苦しんでいます。

1937年になると、彼の妻はガンが見つかってしまい、1939年にガンが深刻になって倒れて、元気がない様子になりました。妻の病気を心配しながら、景気のない毎日を続けているメイは、ルドルフの物語を創作し始めます。

ルドルフのお話を創作するきっかけと言えば、モンゴメリー・ウォードはクリスマスの時期にはクリスマスをテーマとする絵本を無料で配る習慣があります。1939年から、メリーは上司に「クリスマスの期間の買い物客に感謝するためには、動物を主人公とする本を書こう」と頼まれました。その時、メイの娘はシカゴ動物園の鹿を気に入るから、ルドルフは子供に喜ばせる本を作るために、鹿を主人公とすることを決めて、自分の幼い頃の経験を通じて、赤鼻のトナカイ・ルドルフの詩を作り始めました。

残念ですが、メイの妻は1939年の後半にはなくなりました。最初にメイの上司はクリスマスの絵本作りを他人にさせるつもりですが、メイは娘と天国の妻に喜ばせるためには、すでにルドルフの詩を完成したため、ルドルフを主人公とする詩はクリスマスホリデーの間に、買い物客たちに配布し始めました。

ルドルフの詩を載せたのはただのモンゴメリー・ウォードの宣伝用小冊子ですが、お客様たちは気に入りますから大量配布されました。

(下図は1939年の初配布された小冊子の表紙です)

赤鼻 の トナカイ

大ヒットとした「赤鼻のトナカイ」

「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」(Rudolph the Red-nosed Reindeer)はメイの会社の同僚たちから絶賛をもらっただけではなく、会社の買い物客からも大歓迎ですので、1939年のクリスマス休暇の間には、250万部まで発行されました。

そして、1946年の再リリースは350万部です。1948年の二度目の再リリースはメイのいとこ(従兄弟)の創作したクリスマスソング「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」も一緒にリリースされます。「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」は今全世界に広く知られていた名曲になりました。ルドルフもサンタクロス、八頭のトナカイの仲間たちと一緒に、クリスマスの定番になります。

トナカイ 鼻

「赤鼻のトナカイ」主題歌

歌詞:英語版日本語版

歴史に残るクリスマスソング
長い歴史のクリスマスは全世界まで広める間に、数が知れないクリスマスソングが誕生しました。今までも皆様に何度聞かれても飽きないクリスマス名曲と言えば何ですか?「FonePawスーパーメディア変換」ソフトを利用すれば、クリスマス動画や音楽をiPhone、iPad、 Apple TVなどのデバイスでも聞けるフォーマットに変換することができますよ!