素敵な手作りクリスマスリースの作り方


日付: 2017.11.28
カテゴリ:
クリスマスのお祝いをするために、早めにクリスマスの飾りつけを作ることは、クリスマスの雰囲気を盛り上げる方法です。クリスマスの定番アイテムと言えば、言うまでもなくクリスマスツリーですが、クリスマスツリーを手作りするためには、大量の材料に用いて、作り方も複雑で難しいです。自分で手作ることより購入する方が良いと思われて、何かクリスマスの飾りつけを作って冬の祭りの準備をしたい場合にはオススメしません。

その反面、簡単に作れるお洒落で素敵なクリスマスリースは皆様によく選ばれています。同じクリスマスの定番とは言えますが、簡単な作り方を持ち、作りためには費用もあまりかかりません。そして、クリスマスツリーのように場所をとるデメリットがない、眺める事も良いのです。本記事はクリスマスツリーを作るために必要な材料・道具と簡単な作り方を説明して、様々なコツも紹介します。

クリスマスリース

クリスマスリースを作るための工具・材料:

工具:
はさみ
グルーガン
ベンチ

材料:
木工用のボンド
リース台(リースの木台)
好みの飾り付け

100円均ショップではクリスマスリース用の木台と造花などが各種販売しています。

クリスマスリースの作り方

1.クリスマスリースの土台(クリスマス台)のつるを巻いていて、サークルにします。

クリスマスリース 土台

2.そして、豊かな森の感じがする青々とした針葉樹などの生木を利用して、そのつるのサークルの上に巻きつけてつるを隠します。

クリスマスリース 生木

3.木の実、造り花、リボンなどのお飾り付けを生木に飾り付けます。

クリスマスリース 手作り

手作りのクリスマスリースの素敵なアイディア!

手作りのものは直接購入したクリスマスリースより、好きなサイズ、お好みの素材で作れる事はメリットですから、クリスマスリースを作る時は、基本的な作り方を参考にして、様々なスタイルのリースを作りましょう~

1.身近にある素材を利用する
ほとんどのリースの材料はセリアやダイソーなどの100円ショップから購入できてとても便利ですが、「他人と同じで百均ショップの材料でリースを作るなら自分のスタイルを確立できない」という考えを持つ方もいるでしょう。その時、自分の周りから、ぶどうやフジのつるを開いて、リースのつるを巻きつけてもいい方法です。秋と冬になると、周りのところにはつる植物の拾い集めがやすくなりますので、ぜひ注意してください。

2.簡単でお手持ちの材料で代用する
クリスマスリースと言えば、杉やモミなどの生木で作るイメージが強いですが、「本物のクリスマスリースなら、自分で作るより、ショップから直接購入するほうがよいではないか?」と考えて、木の実、紙や花などのシンプルな材料で、伝統的なつるや杉を代用する人もいます。簡単な素材でも、素敵なデザインですばらしいリースを作れますから、自分のテクニックに自信がある場合、ユニークなリースの手作りを試してはどうですか?

クリスマスリース 作り方

クリスマスリースとは
クリスマスの定番ですからクリスマスリースを作りたいですか?リースを作り出したが、その意味がわからなければなりません。心から、クリスマスの象徴を理解しましょう。リースは最初には自然・生命力・健康などのシンプルとして、古代ローマ人に祭事に使われたものです。ローマ文化に影響されていた結果として、キリスト教はクリスマスという祭事にもリースでお祝いをするようになります。