クリスマスの花と言えば!プレゼントの花の選び方


日付: 2017.11.28
カテゴリ:
12月のクリスマスが近づき、周りの人にプレゼントを送りたいなら、今からプレゼントを準備しておかなければなりません。今年の立派なクリスマスというチャンスを活用して、大切な人との感情を深めたいなら、早めに計画を立て始めて、プレゼントを選択するほうがいいです。

聖なるクリスマスの雰囲気を盛り上げたいなら、クリスマスの花束をプレゼントにしてはどうですか?花に込めた花言葉を通じて、あなたの気持ちをきちんと相手に伝えましょう。
プレゼントとして送ることはしたくなくても、美しい花を自宅の飾りにして、お部屋を花の海にしてもいいですよ。

クリスマスに最適な花と言えば?

赤はクリスマスの記念する対象、キリストの血を意味します。
緑はリースなどのクリスマスのシンプル的な植物を意味します。
白は12月とキリスト教のイメージ、雪と宗教的な純潔を意味すします。

クリスマスのイメージと言えば、赤・緑・白でしょう。そのため、クリスマス時期にお花を選択する時も主にクリスマスカラーの花を選択します。

ポインセチア
ポインセチア
花言葉:聖夜・聖なる願い・祝福
和名は猩々木(しょうじょうぼく)です。赤と緑のクリスマスカラーを持つ冬の花ですので、クリスマスの定番と言えるお祝いが込めたお花です。花びらがない特別なポインセチアは、花のように見える鮮やかな葉っぱがあります。花言葉は「祝福」ですので、周りの人に送ったり、クリスマスの飾りとして部屋を綴ったりすることにピッタリのギフトです。

バラ
ピンク 薔薇
花言葉:熱烈な愛情(赤)、恋の誓い(ピンク)、純潔(白)、奇跡(青)
プレゼントのお花と言えば、バラ!一番人気が高い、「熱烈な恋」を象徴する赤バラはクリスマスカラーですから大人気です。お花を恋人に贈りたい時、誰でも思い浮かべるものとも言えます。クリスマスという時期を狙って、愛する人に告白し、大切な人に感謝の気持ちを伝えたいなら、バラを無視してはいけません。

バラは色によって意味が異なりますのでぜひ注意してください。恋人に告白する時はピンクのほうがおすすめされますが、いつも付き合っている大切なパートナーに送りたいなら赤のほうがいいかもしれません。
青いバラ
特別な青いバラは特別な染料で染めたお花です。完全なブルーローズは世間では不存在なものですので、今までも「不可能」「奇跡」「神様の祝福」などを意味しています。ブルーのイメージはクリスマスとは少々相違しますが、「奇跡」と「神の祝福」という意味がありますのでクリスマスの時期に送ることもいいです。

クリスマスホーリー
クリスマスホーリー
花言葉:神様を信じる

和名はセイヨウヒイラギ(西洋柊)です。11月の頃に熟した赤くて丸い果実はキリストの血を象徴して、トゲトゲの棘はキリストの受難を象徴しています。聖なる力が宿っている植物と思われているため、クリスマスの時期には欠かせない魔除けのものです。プレゼント用のお花ではないが、リースと同じでクリスマスの飾り物としてよく使用されています。

シクラメン
シクラメン
花言葉:内気なはにかみ

シクラメンはクリスマスカラーのイメージが薄いですので、よく忘れられてしまったが、寒いクリスマスの時季にも咲く珍しくて華やかな冬の花ですから、近年もクリスマス時期のお花としておすすめられます。ほかの寒さに弱いお花と違い、比較的に耐寒性が高くて冬にも強い所はシクラメンのメリットです。赤、ピンク、白の品種はもちろん、黄や紫の花色もありますから、クリスマスカラーに飽きてしまった場合はシクラメンをプレゼントにするのがよいです。

クリスマスローズ
クリスマスローズ
花言葉:純潔

いつも皆様に好かれた赤ローズとは違い、クリスマスローズの花は優雅な真っ白で、ローズの中でも特別な意味を含めたお花です。クリスマスの時期になると、一番注目されるおローズです。クリスマスの家族・親友・恋人・お世話になっていた方など大切な人、誰にも尊敬・祝福の気持ちを伝える最適な贈り物です。

ほかのプレゼントも準備しよう
一年に一回のクリスマスを迎えるために、花以外のプレゼントや飾りも準備してはどうですか?せっかくのプレゼントを送るチャンスですから、慎重にクリスマスプレゼントを選び、大切な人に感謝の気持ちを伝えましょう。