Androidを使える以外、ChromebookはWindowsのソフトも実行できる


日付: 2016.09.13
カテゴリ:

 

豊富なAndroidアプリが使えるというメリットを持つことで、Chromebookの実用性が既に大幅に上がりました。しかし、一部分の開発者はこれでも満足できず、ChromebookをWindowsのソフトも利用できるようにするつもりです。

Chromebook

最近、アメリカのIT会社CodeWaversは公式サイトでArodroid版「CrossOver」のTech Preview 版を発表しました。このソフトを通じて、Chromebookは Windows のソフトを実行できるようになります。注意すべきなのは、このソフトはインテルプロセッサーを搭載したChromebookだけ対応します。

「CrossOver」のTech Preview 版

CrossOverはCodeWavers会社がWindowsプログラム向けに開発されたエミュレーターツールです。CrossOverの異なるOSで異なったバージョンを利用すれば、Mac、LinuxなどのOSでWindowsのプロセスが実行できます。

しかし、CrossOver自身はただのエミュレーターではなくて、メソッドを 呼び出すことを通して、WindowsソフトをWindows以外のOSで実行できるようにするツールです。

Windows以外のOSで実行でき

2015年の下半期、CodeWaversはAndroid 版「CrossOver」をリリースすると予定していて、インテルプロセッサーを搭載したAndroidデバイスもスムーズにWindowsソフトが実行できることを目指します。理論的に言えば、CrossOverはインテルアトムプロセッサー搭載のAndroidスマホにスムーズにWindowsのソフトを実行させることができますが、大して役には立てないと思う人もいるかもしれません。

GoogleがAndroidのアプリシステムをChrome OSに移植することを発表してから、CodeWaversは再びChromebookへのサポートを始めました。ユーザーからみれば、ChromebookもWindowsのソフトが使えるようにするほうが役に立つでしょうね。

CodeWavers公式サイトの実演

CodeWavers公式サイトの実演からみれば、現在ChromebookのサポートできるWindowsソフトは数が少なくて、ソフトの実行状況もあまり安定ではありません。今、GoogleはまだAndroidアプリが実行できる正式版「CrossOver」をリリースしていません。つまり「CrossOver」は現在まだテクニカルプレビュー版だけあります。

でも、長い目で見れば、WindowsのソフトがChromebookでスムーズに実行できるということが実現されたら、Chromebookの今後の発展には強力的な推進力になるとも言えます。