iPhone中にある邪魔なキャッシュを削除する方法


日付: 2015.07.28
カテゴリ:

iPhoneにはデフォルトのブラウザ「Safari」を搭載しています。「Safari」を使えば、iPhoneで便利にネットサーフィンができます。しかしiPhoneでネットサーフィンすれば、必ずキャッシュが生成されます。キャッシュの本質はサイトの一部の情報をiPhoneに保存して、今度このサイトを開く時は少し早いになれるということです。しかしキャッシュが溜まり過ぎると、iPhoneのストレージを圧迫するし、OSの動作も重くなります。だからもしiPhoneが重い、遅いとかの思ってる時は、キャッシュを削除することでiPhoneを軽くする可能性がありますよ!

キャッシュを削除することはiPhoneの設定中で完成できます、これからは詳細のやり方を皆様に紹介します。まずiPhoneのメインインタフェースに行って、「設定」アイコンをタップ。

「設定」アイコンをタップ

「Safari」のところをタップ
「Safari」をタップ
ここの「履歴とWebサイトデータを消去」を選択して、出でくる提示メッセージで「履歴とデータを消去」をタップすると、キャッシュの削除は開始します。
「履歴とWebサイトデータを消去」を選択キャッシュの削除を開始
しばらく待つと、「履歴とWebサイトデータを消去」のところは灰色になります。これを見れればつまりキャッシュの削除は完成した意味です。
キャッシュの削除が完成
これでキャッシュの削除は完成です。後でサイトを開く時の読み込み時間は少し増えるかもしれませんが、キャッシュの削除によって、iPhoneの一部ストレージを解放でき、動作を前より軽くになれるはず。これからもしiPhoneの動作が重いと感じた時、この方法を試してみませんか?ちなみにキャッシュの生成はつまりネットからデータをiPhoneにダウンロードすること、通信量が使えますので、皆さん外でネットサーフィンする時もiPhoneが使った通信量を確認して、速度制限に掛からないように注意してください。