DFUモードとリカバリモードの相違点


日付: 2017.08.09
カテゴリ:

DFUモードおよびリカバリモードがユーザーのためにiPhone、iPadやiPod touchをリフラッシュするフェイルセーフとして知られています。実際、この二つのモードはそれよりも多くのことができます。DFUモードまたはリカバリモードを使用してiOSを更新するなどの操作を完了する場合があります。特定の状況では、この2つのモードが非常に類似しており、ユーザーが概念に混乱することがあります。以下の文章で、より前面的な方法でDFUモードとリカバリモードを紹介します。

 

・パート1:DFUモードとリカバリモードは何のために使用されていますか?
・パート2:DFUモードとリカバリモードの相違点

 

パート1:DFUモードとリカバリモードの用途は?


リカバリモードに入るのは、iOSをアップグレードするまたはシステムの問題を解決するための状況が多い。このリカバリモードでは、下記のシステム問題を修正できます:

1. iOSデバイスは白いAppleロゴ画面にフリーズして、または青/黒画面のままて、システムを入ることができません。

2. iOSデバイスは、何度も何度も自動で再起動します。
DFUモードはiPhone、iPadやiPod touchをブートせずに、iOSのシステムを変更することが可能です。DFUモードでは、リカバリモードで解決できないデバイスシステムの問題を修正することができます。リカバリモードより、対応範囲がもっと広いです。

また、DFUモードに入って、デバイスをアップグレードまたはダウングレードすることができます。多くの場合は、より多くの機能やよりよいのユーザー体験のために、iOSをアップグレードします。しかし、時には、デバイス上の新しいバージョンによっで、システムやソフトウェアは故障が発生して、以前のバージョンにダウングレードしたい場合もあります。

ノート:お使いのデバイスをダウングレードする場合は、DFUモードを使用する必要がありますが、リカバリモードは使用しないでください。その理由は以下で紹介します、引き続き読んでください。

また、一部のユーザーはiPhoneを脱獄するまたはSIMをアンロックするためにDFUモードを使用します。

 

パート2:DFUモードとリカバリモードの相違点


DFUモードとリカバリモードも、いくつかのシステムの問題を解決できますが、それらの違いは何だろうという疑問があります。この答えはiBootです。

iBootはiBootローダーまたはiBootエージェントとも呼ばれます。その名の意味通り、iBootがiPhoneのハードウェアとiOSの間ガイドとしての存在です。オペレーション中に、DFUモードがiBootをスキップできますが、リカバリーモードがiBootを使用する必要があります。リカバリモードでは、iBootはフラッシュしたファームウェアを検出して、現在のと比較します。フラッシュしたのは元のバージョンよりも低い場合、iBootは後続の命令の運行することを拒否して、iOSの更新が失敗します。それがiOSをダウングレードするには、リカバリモードではなくDFUモードに入る必要があるの理由です。

リカバリモードの場合は、iPhoneをアップグレードするまたはリストアするのために、最新のiOSとファームウェアが必要です。iBootの原因で、リカバリモードではカスタムファームウェアを選択することはがきません。

しかし、DFUモードの場合は、iPhone、iPadやiPod touchのをアップグレードできるだけでなく、ファームウェアをダウングレードするか、脱獄やSIMアンロックができます。

もし上記の内容ついてなにかのご質問があれば、ご遠慮なくこちらにご連絡してください。