iPhoneのメモリ解放の方法

日付: 2016.02.15
カテゴリ:

iOSデバイスはシンプルなデザインと、ほかのデバイスが比べものにならない動作の軽さで多くのユーザーの心を捕まえました。ですが、iPhoneであろうかスマホであろうか、長く使えばどんどん動きが重くなることがあります。原因は色々ありますが、主は、アプリがバックグラウンドで起動している、または、写真などのデータが溜まってストレージがいっぱいになっているからです。だから、iPhoneの動作が軽くなるために、この二つの問題を解決してメモリを解放することが必要となります。

では、どこでメモリを使用量をチェックするのでしょうか。まずは「設定」の中に、「一般」というカデコリを開いて、「ストレージとiCloudの使用状況」「ストレージ管理」を順にタップします。こうすれば、インストールされたアプリや保存された写真とビデオなどのサイズが一目瞭然。必要のないデータを削除すれば、メモリを解放できます。

主に使えるメモリ解放の方法は、四つほどあります。
iPhone メモリ解放
1.バッククラウドでアプリを終了させます
アプリを使い終わったとき、ちゃんと終了させないと、バッククラウドで起動し続けて操作も重くなります。これを解決するに最も簡単な方法はホームボタンを二度押しをし、バッククラウドに作業が完了したアプリを終了させます。もちろん直接にiPhoneを再起動してバッククラウドのアプリを一気に終了するのも一つのやり方です。

2.普段使わないアプリを削除
普段使わない、あるいは一度しか使わなかったアプリが沢山のこっているせいで、メモリの使用量がいつの間にいっぱいになり、操作がおそくなってほかのアプリをダウンロードすらできなくなった場合は、問題になった余計なアプリをiPhoneから完全削除するのが一番手っ取り早い方法です。

3.写真や動画の削除
また、普段勝手に撮った写真や動画など、ついつい多くなって大量なメモリを使ってしまいます。不要な写真や動画を削除するのは、一番効果的な手段かもしれません。

4. サイトの記録、メールを削除
サイトをアクセスする際、iPhoneはページを読み込むためにサイトから自動的に画像をダウンロードします。そのため、これらのデータもiPhoneの中に溜まり、動作をどんどん重くさせます。同じく、沢山のメールがiPhoneに保存していると、使用量も気づかないうちになくなってしまいます。サイトの記録や必要のないメールなどを削除した方がいいです。

また、専門のアプリでiPhoneのメモリを解放するのもできます。例えば「Yahoo!JAPAN」アプリなら、「やや重い」というアイコンをタップし、「最適化」を選択すれば、およそ10秒くらいで、メモリが最適化されます。もちろん、このアプリは無料で使えます。

実際のところ、メモリ解放はどれほどの効果があるのかはかなり微妙です。でも、メモリ解放の頻度によって、iPhoneを使うとき動きの軽さは違います。だから、iPhoneのメモリ解放は、定期的にする方がいい。