サムスン Galaxy S9の噂まとめ:史上最高価? iPhone Xに比べてどうなる?


日付: 2018.01.19
カテゴリ:
過去の1 年間を振り返り、Galaxy Note7の爆発事故の影響から抜き出したSamsung は今年のGalaxy S8/8+とGalaxy Note8の勢いに乗ってユーザーの失われた信頼を呼び戻しました。
 
ある程度には、連続3台のフラッグシップ機種の強い表現のおかげで2017年の第1~3四半期にSamsungの市場シェアが約五分の一となりました。Samsungは8330万台の出荷台数で第3四半期の1位を取りました。前年同期の7610万台から9.5%の増加となり、市場シェアが22.3%となりました。

ギャラクシーS9 噂
(Galaxy Note8、S8、S8+、Note7)

2018年は瞬く間に来ました。慣例によって、Samsungの新しいフラッグシップ機種Galaxy S9シリーズはまもなく登場するのでしょう。現在、この機種に関する噂からS9の大体の状況を推測できます。
 

Samsung Galaxy S9がAppleの最も賢い策略を参考


Galaxy Note8の発表に伴い、Samsungはようやくダブルカメラの時代に入りました。
このダブルカメラのデザインがGalaxy S9シリーズなどの新しいフラッグシップ機種で採用されることは間違いないでしょう。

Evan Blassの発言によって、今回のGalaxy S9 と Galaxy S9+は昔と違う機体サイズとディスプレイサイズを持つ以外、iPhone 8/iPhone 8 Plusのような產品策略を採用しました。つまり、小さいサイズのGalaxy S9は単眼カメラ設計を採用し、大きいサイズのGalaxy S9+はダブルカメラを搭載します。
 
BGRから見ると、違うサイズのフラッグシップ機種が異なるカメラデザインを採用することはAppleの最も賢い產品策略の中の一つです。消費者がその特有のデザインと機能に引きつけられ、より高い価格の携帯を購入します。その結果、メーカーはより高い利益を得ることができます。
 
実は、Appleが発売するiPhone Plus機種は常により高い利益率を持つ產品として外界に認識されます。HISの推測によって、毎台の64GB iPhone 8のBOM(材料コスト)は247.51ドルで、64GB iPhone 8 PlusのBOMは288.08ドルです。たった40.57ドルのBOM値幅ですが、Plus機種の価格は普通のiPhoneより100ドル高いです。2018年から、Samsungもそのような產品策略を行うそうです。それ以外、Galaxy S9+とGalaxy S9も異なる容量のメモリを搭載すると思います。
 

全面スクリーンに重大な革新はないかも


もしS7/S7 edgeに比べてSamsung S8は革命的な変化があったと言うなら、S8に比べてGalaxy S9はただ外観で小さなアップデートがあるかもしれません。
 
総合的に、Galaxy S9シリーズの外観に関する高い信頼性の情報は二つがあります。S8に比べてS9の外観は大きな変化がありません。「相変わらず長方形のスクリーンを採用し、ただスクリーンの割合が上昇します」と一つの最新の噂が指摘しました。

OnLeakから流出したGalaxy S9+図像から見ると、その機体は157.7 x 73.8 x 8.5mmのサイズで、6.1インチのスクリーンを搭載します。MysmartPriceの情報によって、Galaxy S9+の頂部と底部のフレームはGalaxy S8+より0.1mm狭いです。
 
Galaxy S9シリーズの外観に関するもう一つの噂の由来は久しいです。AndroidHeadlinesは二つのサイズに対応する異なる色合いのS9シリーズの外観図像を公開したことがあります。
全面スクリーン 改革

上のGalaxy S9+に比べて、Galaxy S9はGalaxy S8に似ているスクリーンを採用するが、底部はより狭くなり、スクリーンの割合は約90%で、両側のフレームも狭くなりそうです。
 
どんな全面スクリーンでも、Galaxy S9のほかのデザインは大体同じです。機体の底部はType-Cインターフェイス 、3.5mmイヤホンインターフェイス、スピーカーとマイクを搭載します。電源ボタンがスマホの右側で、音量+/-とBixby専用キーが左側で、ノイズリダクションマイクとSIM + MircoSDカードスロットが頂部で搭載されます。
 
スクリーンと言ったら、韓国のThe Bell雑誌の報道によって、Galaxy S9は5.8インチのスクリーンを採用し、Galaxy S9+の方は6.2インチのスクリーンを採用する可能性があります。二つのサイズもGalaxy S8 / S8+に似ていますので、多分スクリーンの解像度については大きな向上がないかもしれません。
 

S9のロック解除機能はまだ明らかになっていない


Samsung Galaxy S8 と Galaxy Note8は既に三種類のロック解除機能を搭載しました:虹彩認証、指紋認証と顔認証。
ロック解除機能

ただし、iPhone XのFaceIDは明らかにある程度でSamsungより素晴らしいロック解除技術を採用しました。さてと、今回のGalaxy S9で、Samsungはどんなロック解除技術を使ってこの分野で自分の実力を人に見せますか?様々な噂によると、Galaxy S9はたくさんの可能性があります。
 
 

より素晴らしい虹彩認証


韓国の新聞によると、極端な環境で虹彩認証の正確率を高めるために、SamsungはGalaxy S9シリーズの赤外線センサを改善し、前のS8に搭載した200 万画素カメラを300万画素カメラにアップデートします。こうすると、眼鏡をかけて、目を回し、または非常に暗い/明るいなどの環境でスマホがもっと認証易くになります。
虹彩認証

ソフトウェアと言うと、Samsungは虹彩認証の応答速度を改善し、現段階のS8とNote8より1秒速いです。「今回の生体認証技術の向上もSamsungがモバイル支払いを普及するための行動です。」と韓国の報道が指摘しました。
 

背面指紋認証を使い続ける


最近、有名なハードウェアサプライヤーSynapticsは世界初の量産スクリーン下指紋センサーClear ID FS9500を正式に発表しました。この技術を初めて搭載するスマホはvivoで、先日Galaxy S9がSynapticsのスクリーン下指紋センサーを搭載する噂はこの報道の前に自滅しました。
 
現段階ネットから流出した多くの図像から見ると、Samsung Galaxy S9の背面は相変わらず指紋センサーを搭載します。ただ、Galaxy S8 や Note8と違って、今回のS9は指紋センサーをカメラの下に搭載する可能性があります。
指紋センサー

この前、Galaxy S9に搭載する心拍センサーの設定画面みたいなスクリーンショットがBGRサイトから流出しました。この図像から見ると、カメラの下も指紋センサーのようなデザインがあります。
 
もちろん、正式に発表するまで、Samsung S9がスクリーン下指紋センサーを搭載する可能性を否定できません。ただし、その可能性は高くないと思います。
 

3Dセンサーに基づく顔認証


ほかのAndroidスマホに比べて、iPhone X顔認証の主の優勢はそのTrueDepthカメラです。そのカメラは内蔵されているセンサーと格子投影装置を通じて人の顔で3万個赤外点を形作り、赤外線カメラとA11プロセッサを使って分析し、スキャンした顔立ちに従って3Dモデリングを作成することができます。
顔認証

BGRの報道によって、Galaxy S9はiPhone Xのようなハードウェアを搭載する可能性があります。
 

ハードウェア配置に懸念なし カメラはスポットライトを持つかも


推測によってSamsung Galaxy S9の配置はあまり多くのサプライズがないかもしれません。何にせよう、この前、2018年Qualcommのトップの移動プラットフォーム ーーSnapdragon 845が既に正式に発表されましたので、Galaxy S9がQualcommの最上級チップを使い続けることもおかしくない。Galaxy S9は推測のとうりにQualcomm Snapdragon 845またはExynos 9810チップを採用するかもしれません。
S9 チップ

ネットでの噂によって、Galaxy S9/S9+の配置は大体下記のとうりです:
• スクリーン:5.8インチ/ 6.2インチSuperAMOLED 曲面スクリーン
• モバイルプラットフォーム:Qualcomm Snapdragon 845/ Samsung Exynos 9810
• メモリ:4GB / 6GB
• ストレージ:64GB / 128 GB(MicroSDカードで拡張可能)
• 接続性:Bluetooth、NFC、USB-C、Cat 18 LTE
• バックカメラ:S9  単眼1200万画素
S9+ ダブルカメラ1200万画素(f/2.4、f/1.5)双OIS
• フロントカメラ:800万画素(f/1.7、25mm)
• バッテリー:S9 3100mAh  S9+ 3600 mAh
• ほか:Samsung DeXに対応、Bixby専門なボタンがあり、AKGスピーカーを搭載

カメラの向上はGalaxy S9のハードウェア配置の中の大きなスポットライトです。VTechの報道によると、今回Samsung Galaxy S9シリーズの絞りがf/1.5にアップデートし、目前のLG V30に搭載されているf/1.6よりも大きいです。
 
Samsung Galaxy S9/ S9+で絞り値を調整できますが、ユーザーが手動で調整できるかどうかはまだ知りません。
S9 スペック

実は昨年の12月初、Samsungが発売したビジネススマートフォンW2018が既にf/1.5の絞りを搭載しました。
 
それ以外、Samsungが1000フレーム毎秒のスピードのカメラセンサーを開発している噂もあります。このセンサーはSony Xperia XZ1に似ている画像センサー技術を採用し、捕獲した画像を一時的にDRAMチップに保存することができます。Galaxy S9シリーズがこのセンサーを搭載する可能性があり、つまりS9 / S9+が1000フレームのスローモーション動画を撮影できるかもしれません。
 

Galaxy S9の発表時間と価格


数ヶ月前、Samsung S9が2018年1月に開催するCES 2018大会で発表されるという噂が流出しました。しかし、Samsung内部はその噂を否定しました。
近日、Samsungが今年の2月末にGalaxy S9 と Galaxy S9+を発表する噂があります。ただし、これらの情報源はSamsung公式サイトではありませんので、発表時間が変更する可能性があります。
 
この数年間Samsung Galaxy Sシリーズの発表時間から手がかりを発見することができます:
• Samsung Galaxy S:3 月発表
• Samsung Galaxy S2:2 月 13 日発表
• Samsung Galaxy S3:5 月 3 日発表
• Samsung Galaxy S4:3 月 14 日発表
• Samsung Galaxy S5:2 月 24 日発表
• Samsung Galaxy S6:3 月 1 日発表
• Samsung Galaxy S7:2 月 24 日発表
• Samsung Galaxy S8:3 月 29 日発表

明らかに、多数のGalaxy Sシリーズスマホの発表時間は2 月或いは 3 月に集まり、しかもちょうどMWC大会の期間です。情報によると、今回のMWC大会は2 月 26 日から3 月 1 日まで開催されます。こう考えると、Galaxy S9が2 月末に登場する可能性もかなり高いですね。
 
今、流出したGalaxy S9シリーズ機種の様々な情報から見ると、Galaxy S8に比べてS9の価格はあまり変化しません。それはそうだけど、噂の3DセンサーとS9+シリーズに追加されるカメラがGalaxy S9シリーズ機種のコストを高めることは間違いないです。
S9 値段
 

お値段は最高価格?

「値上がりしている部品を考えると、Galaxy S9の価格はGalaxy S8のように前世代のフラッグシップ機種より高いかもしれません。」韓国のメディアTheBellが推測しました。もちろん、Galaxy S9シリーズの価格が今のGalaxy S8と大体同じことも可能です。
 
もしGalaxy S9シリーズはGalaxy Sシリーズの中の最も高価な機種になったら、皆さんはまだそれに興味を持つですか?