Xiaomi Mi 5XとMIUI 9発表イベントでのスポットライト注目ポイントをプレビュー!


日付: 2017.08.16
カテゴリ:

まる一年間の調整を経て、Xiaomiは今年第二四半期で全面的に増長し、出荷台数が前期比70パーセント増となり、業界が注目する奇跡を起こしました。この好成績はここ数年の強烈なオフライン経営なしでは得られないでしょう。しかし、これはただの始まりに過ぎません。7月26日、Xiaomiは北京国家会議センターで発表会を行い、中国の人気俳優呉亦凡をCMキャラクターとする新しい製品Mi 5Xを発表する予定です。さらに、アルファテストの登録申請量が120万を超え、注目を浴びるMIUI 9システムもこのイベントで初登場します。

Mi 5XはXiaomiが初めてのオフライン宣伝をメインとするスマートフォンで、価格以外の情報は正式発表する前から既にほぼ全部明かされています。この前流出された情報によると、Mi 5Xは、5.5インチのフルHD(1920×1080)ディスプレイ搭載、CPUは2.02GHzの「Snapdragon 625」、RAMは4GBで、64GBストレージを搭載します。指紋認証センサーを背面に搭載し、Mi 6と同様1300万画素のデュアルカメラを搭載し、広角レンズと望遠レンズも配置しています。また、配備されたバッテリー容量は2730mAhで、Type-CケーブルやAndroid 7.1.2のシステムを使用するとのことです。

さらに、この発表イベントのもうひとつの主役、MIUI9はMi 5Xに負けられないほどの注目を浴びました。既にアルファテストを登録申請した人数は1196144人、まさに大ヒートです!MIUI9に関する情報もたっぷりと公開しました。

MIUI 9のスローガンは「より流暢な、より安定な、より省エネなスマホ」です。この三つは今のスマートフォンのもっとも注目されるポイントとも言えるでしょう。この目標を達成するため、MIUI9はシステム機能を全面的に整理し、必須ではないもの、頻度の低い、ユーザーの少ないシステム機能を適度に簡化し、最適化しました。改良されたシステム機能は五十個以上という。簡化したのは流暢さのためであって、機能を増やしたのは体験を改善するためである。いくつかの機能が簡化されたと同時に、MIUI 9にはスプリットスクリーンモードなど、いくつ大好評の機能を追加しました。

MIUIシステムは昔から、中国産スマートフォンシステムの中で最も優秀と言われます。システムの体験のみならず、その普及性やアップデートの速さも好評を受けています。一番早くMIUI 9に対応する機種はMi6と紅米Note 4X(高通版)で、その次に対応できるのはMi5、MiMIX、Note 2などの大好評機種です。ほかの機種の対応も続々完成します。もっとも讃えられたのは、Mi2とMi2Sようなかなり古い機種の対応も決定したことです。