Googleは新たなOSを秘密に開発中!Androidに代わる?

日付: 2016.08.25
カテゴリ:
最近、Googleが新たなOS―「Fuchsia」を秘密に開発していることは発見されました。「GitHub」のホームページに、Googleは“Pink + Purple = Fuchsia (a new Operating System)”
で「Fuchsia」を紹介します。

今、「Fuchsia」に関する情報が少ないです。しかし、「GitHub」から公開したファイルから、ある程度のことが分かりました。以前、Android、Chrome OSなどのGoogleに開発されるOSはLinuxをカーネルとします。しかしながら、実際にLinuxは完璧にすべての状況を解決できるではありません、例えば車載システムやIOT(モノのインターネット)などです。

 

今回明らかにされた新たな「Fuchsia」は二つのカーネルがあり、一つはライト級の「LittleKernel」、IOTなどの小型デバイスに対応、もう一つは「LittleKernel」を基づいて開発する「Magenta」、使う範囲が広い、パソコンとスマホも対応できます。両者の関係はLinux と Androidのように似ています。だから「Fuchsia」はIOTを対応するの他に、スマホとパソコンも対応できます。

「Fuchsia」

そして、「Fuchsia」のユーザーインタフェースはMaterial Design UI のデザインを採用して、32位と64位のARM CPUに対応することだけでなく、64位のPC CPUも対応できます。即ち、スマホとパソコン両方も対応可能です。

 

なぜGoogleは「Fuchsia」を開発しますか?可能性が一番高い原因は、Googleはひとつシステムで全プラットフォームを対応し、IOTデバイスを向上するの他に、Android と Chrome OSを代われるシステムを開発するつもりです。

 

しかし、果たして「Fuchsia」が正式に公開される日はいつ来るかはまだわかりません。何せ、新たなシステムを最初から開発するのはとても難しいことです。完成としても、普及した現有のシステムを代わるのは簡単ではありません。以前Googleに中断された企画がたくさんあることも忘れないでください。

 

統計会社Statistaから公開されたデータにより、2016第一四半期のAndroid市場占有率は84.1%で、二位のiOSは14.8だけです。AndroidがモバイルOS市場のトップ地位は揺るぎません。この状況で新たなOSを普及するためにAndroidを諦めるのは、理知的ではありません。

Android市場占有率は84.1%

Chrome OSの方はLinuxを基づいたクラウドのOSで、便利・簡潔・スピードが売りです。Chrome OS中ほとんどのアプリはブラウザで行います。Chrome OSを搭載するノートパソコンはChromebookを呼ばれて、2011年から発売しています。Chromebookの価格は安いので、教育の市場でいい成績を得ました。2016第一四半期でChromebookの出荷量は165万台に達して、アメリカでの販売量が初めてMacBookを越えました。

 

Androidは現在ユーザー数が最も多いOSで、Chrome OSもいい成績を得たばかり。だから、Googleは両者を諦める可能性が低いです。「Fuchsia」のできることは、まずIOTデバイスのシステムから発展し、少しずつAndroidとChrome OSを融合します。