大人気の7インチタブレット―Huawei「MediaPad T2 7.0 Pro」が登場した!

日付: 2016.08.24
カテゴリ:
近年、Huawei(ファー ウェイ)のスマホとタブレットは高解像度ディスプレイ、高性能オクタコアCPUとその安い価格によって、世界各地のユーザーに愛用されています。現在Huaweiは既に世界三大スマホメーカーの一つになりました。日本でHuaweiスマホ・タブレットもいい評価を受けて、ユーザー数はどんどん増えています。実は、Huaweiは毎年通話機能を対応するタブレットの新機種を発売します、今年も例外ではない。これから最新登場した大人気の7インチタブレット―Huawei「MediaPad T2 7.0 Pro」について紹介します。
Huawei「MediaPad T2 7.0 Pro」

CPU:Snapdragon 616 (4xA531.5GHz+4xA531.2GHz)

RAM:3GB RAM

ROM:16GB、SDカード対応(最大128GB)

サイズ:187.4 x 105.8 x 8.2mm、250g

スクリーンサイズ:7インチ(1920x1200)

カメラ画素:主カメラ1300万、前置きカメラ500万

バッテリー:4360mAh

アンドロイドバージョン: Lollipop5.1

ネットワーク:Wi-Fi 802.11 b/g/n

ブルートゥース:4.0、A2DP

Huawei「MediaPad T2 7.0 Pro」の色

低迷中のタブレット市場に、公開する時から注目をされるHuawei「MediaPad T2 7.0 Pro」は7月8日に登場しました。MediaPad T2 7.0 Proの本体は若さを感じる白いスタイルを採用、本体の横はアンドロイドのタブレットにあまり見えない指紋認証機能を搭載しました。この指紋認証機能はユーザーの身元を鑑識すること以外、目觉まし时计を停止、シャッターなどの操作もできます。セキュリティを向上できるの他に、操作もこれにより更に便利になりました。

Huawei「MediaPad T2 7.0 Pro」のサイズ

MediaPad T2 7.0 Proのハードウェアは入門級ですが、動画の放送や普通のゲームなどは一切問題ありません。そして、MediaPad T2 7.0 Proは自動的に目を保護する機能を追加しました。Officeなどの文書処理アプリを起動する時、システムはすぐにこの機能を起動して、スクリーンの色は白色を浅い黄色に変され、目に対する損害を減少することができます。

Huawei「MediaPad T2 7.0 Pro」のスクリーン

近年、アンドロイドタブレットの市場は長い低迷期に入り、各ブランドはタブレット方面の関心がどんどん減ってきました。Huawei「MediaPad T2 7.0 Pro」は競争相手があまりない状況で、どのような成績を出せるか、これも今後のタブレット市場にとって重要な指標になるでしょう。