Googleはハードウェア会社になったか?一気に5つのハードウェアを発表した


日付: 2016.10.10
カテゴリ:

先日、Googleはハードウェア会社になったように見えました。日本時間10月5日深夜、Googleは新しいハードウェア発表会を開催して、一気に5つのハードウェアを発表しました。それは、新しいスマホプラントーPixel、家庭用スマートルーターGoogle Wi-Fi、スマートステレオ Google Home、VR端末 Daydream VRとスマホやタブレット内のアプリコンテンツをテレビに出力できるデバイスChromecastの次世代Chromecast Ultraです。

これら製品の裏、Google Assistantという人工知能botの影が見えます。これはGoogle発表会の本物の切り札です。

ともあれ、まず5つのハードウェアを紹介します。

 

1、Pixel, Phone by Google


以前、 Google は「Nexus」という名前で純正なAndroidフラグシップ機に名前を付けましたが、現在名前は「Pixel」に変わりました。この名前を熟知するユーザがいるかもしれません。Google自分のChromebookとタブレット端末は「Pixel」というブランドを利用しています。これから、Googleはハイエンドのコンピューター端末を「Pixel」というブランドに分類します。

Pixel, Phone by Google

Pixel、Pixel XL(以下略称Pixel)は今回発表した二つの新しいスマートフォンです。Pixelはアルミニウム合金制のケースを採用、背面上部に指紋認証センサーを搭載、カメラをガラスで覆います。
詳しい仕様:

Pixel詳しい仕様

一番意外なのは撮影機能です。カメラ採点サイトDxOMarkのテストより、Pixelは現在すべてのスマホ中、得点が最も高く、89点です。Pixelの他、HTC 10とGalaxy S7 Edgeは88点、iPhone 7は86点です。Pixelは4K 30fpsの録画も対応します。

Pixelは対話を基づく人工知能bot―Google Assistantをプリインストールしますので、音声検索が可能です。Google AssistantはGoogle Nowという音声検索サービスのプラス版で、現在はただPixelスマホとAllo(Googleより発表されたチャットアプリ)がGoogle Assistantを利用できます。

Google Assistantをプリインストール

Pixelのカラーが三つあります:Quite Black(すごく黒い)、Really Blue(本当に青い)とVery Silver(とても銀)。名前も面白いですね。

Pixelのカラー

しかし、新しいPixelは現在アメリカだけに発売予定、購入方式はVerizonカスタム、SIMフリーとProject Fi三つあります。価格は 649ドル(Pixel+32Gb)、749ドル(Pixel+128GB)、769ドル(Pixel XL+32GB)、869ドル(Pixel XL+128GB)です。10月4日から予約がはじめて、10月下旬から出荷します。

ちらみに、PixelはHTCより生産しますが、以前Nexusにように外注会社のロゴが現れません。HTCは第一世代Nexus Oneのスマホ外注会社でもあります。

Nexus One

 

2、Google Wi-Fi


同時発表されたものはGoogle Wi-Fi、家庭用スマートルータです。

Google Wi-Fi

複数のGoogle Wi-Fi を同時に使う時、Google Wi-Fiは自動にネットを作る機能があります。これで、電波を部屋によりよくに覆うことができます。

自動にネットを作る機能

Google Wi-Fi は、マッチングのアプリが使いやすく、機能が強く、ネットを使っている端末を検査することで、ネットの構造図の検査と指定したデバイスにネットを止めらせることができます。

価格は一つ129ドル、三つをまとめ買いなら299ドル。

Google Wi-Fi 価格

 

3、Google Home


実は、Google Homeは今年I/Oに公開されたスマートステレオです。Google Homeを使えば、声でほぼすべての検索と検索に関するタスク、例えば普通の検索、通訳、音楽、地図、天気などのことができます。その原因はPixelと同じGoogle Assistant を搭載したからです。Amazonもこの前にEchoというスマートステレオを発表しました。

Google Home

Google Homeは家にあるすべてのGoogle製品を管理でき、例えば「Google、テレビにNetflixを放送してください。」を言うと、Google Home自動的に声を識別し、指令を執行します。( Android TV や Chromecastが必要です。)

価格は129ドル、カラーは下の画像通り、たくさんあります。

Google Home 価格

 

4、Daydream View


Googleはようやく自社のそれなりにまともなVR端末―Daydream VRを初めて発表しました。

Daydream VR

特別のところがなく、CardboardのようにスマホをDaydream VRに挿入する必要があります。Pixelスマホに対応して、他のスマホに対応できるかどうかはまだ知りません。

スマホ挿入する必要があり

Daydream Viewはスポーツファンに一番好まれるジャージ素材を外装に使うと言われます。

ジャージ素材を外装に使う

紙をジャージに変わることで、価格は79ドルに達します。

Daydream View価格

 

5、Chromecast Ultra


小さいなプロジェクター ChromecastはGoogleの販売量一番高いハードウェアです。30ドルだけで普通のテレビをスマートテレビに変えることができ、大人気を受けます。

今回発表されたChromecast UltraはChromecastのプラス版で、解像度を著しくに向上して、4kの水準に達します。その他、画像質量も改善されました。もちろん価格も上げられました:69ドル。

Chromecast Ultra

前述の通り、Google Homeがあれば、音声でChromecast Ultraをコントロールすることができます。

新しいスマホ、VRデバイス、スマート家庭用製品、今回の発表会にすべてあります。しかし、筆者から見れば、Googleが一つだけの製品を発表しました―Google Assistant。以上紹介した製品はすべてGoogle Assistantで駆動します。

同時、Googleは公式サイトをアップデートして、以上紹介した製品によって、 Made by Googleというネットショップを公開しました。皆さんも見てみるのはどうですか?